ここから本文です

2009年の千葉ロッテマリーンズ西岡選手への応援ボイコットについて詳しい経

ger********さん

2014/5/1907:12:33

2009年の千葉ロッテマリーンズ西岡選手への応援ボイコットについて詳しい経

緯を教えてください。

閲覧数:
414
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2014/5/1908:17:15

2008年シーズンオフ、千葉ロッテフロントはボビー・バレンタインと
来年も契約するものの、彼の秘蔵っ子だった久保康友を阪神へ
橋本健太郎らと不均等トレードへ渡したり、ボビー神社の撤去、
試合前の紹介アナウンスにボビーの紹介を省略させるなど、
ボビーへの嫌がらせを次々と2009年に入ると実行していきます。

と同時にビールのコップの大きさを無断で客に知らせずに変える、
特別席を設置して外野席への通路を遠回りさせるなど、ファンサービス
も著しく悪化し、またフロントの女幹部の米田容子が親子連れの観客に
「ユニフォームを来て歩かせるな!」などと恫喝するなど問題行動も噂に
なり、米田や当時の球団社長の瀬戸山やその腹心の石川に、MVPを
初めとする千葉ロッテファンも米田、瀬戸山、石川らに反感を募らせます。

そしてボビーが2009年で指揮官を降りる事が決まり、終盤の9月下旬、
ボビーのホームでの最終カードのオリックス戦の時にMVPが「瀬戸山、
石川、米田は死刑!」など過激な横断幕を張り、その日のインタビュー
だった西岡がMVPに向かって「子供の夢を奪う事は慎んで欲しい。」と
懇願します、が翌日、MVPはそれまでの派手な生活態度をしてきた西岡
への中傷の横断幕を張り、応援をボイコット。しかし一般のロッテファンは
MVPに同調せず、西岡に声援し、オリックスの応援団も西岡を応援に同調、
ロッテの一般ファンはMVPに帰れコールをぶつけたり、MVPを指示するファン
と指示しないファンで喧嘩になるなど滅茶苦茶な試合になりました。

翌日、MVPは千葉ロッテの球団にお詫びと応援団の辞任を自主申告し、
解散しました、が、最近、観客動員が減少し続けるマリーンズの姿をみて
大部分のMVPの応援団だった人が個々のファンとして戻ってきてるとの事です。

またフロント3人組もその後、米田と瀬戸山&石川で対立、瀬戸山や石川は
米田のお気に入りのサブローを巨人に飛ばすものの、米田との権力闘争に破れ
ロッテを追われ、サブローは再び巨人からロッテへと戻ります。敗れた瀬戸山は
オリックスの何らかの役職の補佐になり、当時、投手コーチだった西本聖も
米田から伊東新体制で辞めさせられると瀬戸山を頼り、オリックスの投手
コーチとなります。米田は権力闘争に勝つと引退を表明するものの、韓国へ渡り
当時、斗山ベアーズのコーチだった伊東勤をヘッドハンティングして千葉ロッテの
監督に就任させます。なので、伊東監督は彼女に頭が上がらずサブローなど
お気に入りの選手を粗末にできないのです。

西岡は瀬戸山のいるオリックスや米田は影で権力を握る千葉ロッテを避け、
阪神への入団が決まり、現在に至っています。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる