ここから本文です

エリスリトールとキシリトール、糖尿病の予防に効果的なのはどっちですか? ...

no1********さん

2014/5/2500:05:12

エリスリトールとキシリトール、糖尿病の予防に効果的なのはどっちですか?


どっちが血糖値を大きくあげない?


エリトリトール または エリスリトール (erythritol) とは
メロン、ブドウや梨などの果実や醤油・味噌・清酒などの発酵食品に含まれている天然の糖アルコールである。

ブドウ糖を発酵させることにより作られる。

非う蝕性でありカロリーがほとんど無いことが特徴である。

歯垢に含まれる細菌同士の結合力を弱くすることにより、歯垢を分解する作用がある。IUPAC名は (2R,3S)-rel-ブタン-1,2,3,4-テトラオール。

四炭糖の一種であるエリトロースの糖アルコールにあたる。

2個の不斉炭素を持つが、分子全体としてメソ体となっている。

水に溶解する場合、硝安(硝酸アンモニウム)などと同様に吸熱反応を起こす。 その冷却の程度は、ヒトにも充分体感できる。

エリトリトールには定期的な使用における副作用はないが、大量のエリトリトールの摂取によって下剤効果を引き起こす可能性があるので注意を要する。

なお、エリトリトールは体内に吸収されるので、大腸内の浸透圧を高める効果が少なく、他の糖アルコールの甘味料に比べて下痢が起きにくい[1]。



http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%83%88%E3%83%AA%E...





キシリトール (xylitol) は化学式 C5H12O5 で表される、キシロースから合成される糖アルコールの一種。

メソ化合物である。

天然の代用甘味料として知られ、最初はカバノキから発見されギリシア語 Ξυλον(Xylon、木)から命名された。北欧諸国で多用されている。

旧厚生省は天然にも存在する添加物に分類している[2]。

冷涼感があり、後味の切れが早い。スクロースと同程度の甘みを持ち、カロリーが4割低い。

分子量は152.15である。また、加熱による甘みの変化がないため、加工にも適している。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%88%E...

閲覧数:
2,428
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yao********さん

2014/5/2509:47:24

エリスリトールが血糖値を大きくあげません。

糖アルコール には、キシリトール、ソルビトール、エリスリトール、マルチトール、ラクチトールなどがあります。
エリスリトールは、糖アルコールの中で例外的に体内に9割以上吸収されますが、全く代謝されずにそのまま尿中に排泄されます。
エリスリトール以外の糖アルコールは、砂糖の約半分程度血糖値を上昇させます。

質問した人からのコメント

2014/5/29 20:45:29

驚く 糖尿病患者にはバンバンザイの甘味料だな・・・・

「キシリトール エリスリトール」の検索結果

検索結果をもっと見る

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる