改札機とSuicaでiPhone5故障。手帳型ケースの是非。

改札機とSuicaでiPhone5故障。手帳型ケースの是非。 手帳型のiPhoneケースの内側のポケットにSuicaを入れ たたんだ状態でSuica側を下に改札機を通っていました。 改札機通過時(「ピッ」の際)の状態↓ カバー iPhone(画面が下向き) カバーのポケット部分 Suica カバー 改札機 改札で引っかかることも無く快適に使用していたのですが、 段々とiPhone側に不具合が出るようになってきました。 画面をタッチしても反応しなかったり、下にスクロールしたいのに上に飛んだりします。 (誤作動中もホーム・スリープボタンは問題なく使える) 特に改札機を通った直後は99%症状が出るので、原因は明らかかと思われます。 気付いてからは手帳を開いた状態で「ピッ」とするようにし、 その場での症状は現れなくなったのですが、 日に何度か作業中などに突然画面がきかなくなります。 再起動・初期化も効果なしでしたので、ハードがやられてしまったものと思われます。 カバーを閉じているときにSuicaの端1.5cm程がポケットからはみ出し iPhoneの画面に直接触れているためか、 その部分が常にタッチされているような反応を示すこともあります。 とりあえず、手元のiPhoneは修理なり交換なりしてもらおうと思いますが、 手帳型のケースにSuicaを入れるのは無理なのでしょうか? 電磁波干渉防止シートを使うとか iPhone画面に直接触れる部分のないポケットにSuicaを入れるとかで 対処できますでしょうか? このカバーでiPhoneとSuicaを問題なく使っていく道をご教示ください。 宜しくお願いいたします。 * 写真が近いイメージです。

画像

Suica68,288閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

2人が共感しています

ベストアンサー

4

電波は目に見えないですが、電波は電波とぶつかると干渉と言う現象がおこります。 この現象は、iPhoneの配線やコンピュータから発生する、iPhoneデータ用の電波と スイカを読み取るための改札口からの電波とスイカから出る電波がiPhoneの電波とブツかって、誤作動、データの読み取り誤りとして発生します。 なので、この場合は電磁波干渉防止シートで十分対処できる範囲だと思います。 干渉エラー防止シール フロムウェスト(日本) http://flux.bz/pit-mobile.html

画像

4人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます! 電磁波干渉防止シートの購入を検討してみます。

お礼日時:2014/6/2 13:17