ここから本文です

固定資産税と都市計画税の支払い減免について詳しい方教えてください! 昨年平成...

fow********さん

2014/5/3011:27:45

固定資産税と都市計画税の支払い減免について詳しい方教えてください!
昨年平成25年8月に土地を購入、今年平成26年5月に新築戸建住宅完了引き渡しを受けました。今年26年1月1日のこの土地の所有者は

当方になるので、税を支払う義務があるのはわかるのですが、全く減税や減免の措置はないのでしょうか?長期優良住宅ですが、平成26年1月1日の時点で建物が建っていないので、土地についての固定資産税や都市計画税は満額払わないといけないという解釈で合っていますか?かなりの金額なので、何か措置はないものかと思いまして・・・。

閲覧数:
1,713
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tks********さん

2014/5/3100:55:29

2012年11月に新築用に土地を購入、2013年6月に転居(5月完成)しました。

不動産取得税(都道府県税)には、新築時の減額措置(要申請)がありますが、1月1日時点で住める状態の家の建っていない土地の固定資産税(市町村税)は、減額等の措置は減額などはありません。よって土地を所有していた限り通知通りに満額を納める必要があります。

来年の4月には、上物の分も合わせて固定資産税(国税/長期優良住宅の減額適用)が来ます。土地の分は1/6で課税されますし、新築後5年(長期優良住宅でない場合は3年)の減免もありますので、我が家の場合は更地の固定資産税の方が高かったです。ちなみにうちは長期優良住宅ではありません。

不動産取得税と所得税(住宅ローン減税)は、申請すれば減額なり減税が受けられますが、固定資産税に関しては何もありません。

質問した人からのコメント

2014/6/4 15:37:18

感謝 みなさん詳しくどうもありがとうございました。やっぱり全額支払うしかないのですね。税金高いなぁ。適正に使ってもらいたいです。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

air********さん

2014/5/3100:27:53

質問者さんのご解釈どおりです。
減免ありません。
賦課期日(1月1日)現在、登記上は更地を所有していたものとして課税されます。
基礎工事の途中だったりしても、固定資産税の計算上は関係ありません。
27年度以降は、住宅用地の特例で土地分の固定資産税は少し下がるのですが。

hau********さん

2014/5/3014:28:33

2年以内の建築であれば、土地取得税の減免はあったかと思いますが。

取得からの期限が設定されている減免もあったと思うので、あまりのんびりなさらない方が良いのでは。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる