ここから本文です

1級建築士の難易度

tos********さん

2014/5/3122:15:40

1級建築士の難易度

知り合いに偏差値50前後の建築学科を卒業した知り合いがいるんですが
その人がいうには

1級建築士は受験資格を満たすのが難しいが5回受験すれば受験者の3割は取れる

建築界の最上位資格だが大卒の建築士ではあって当然という認識だといわれていたんですが

事実でしょうか?

閲覧数:
8,598
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tom********さん

2014/5/3122:38:52

5回受験すれば3割って、6%って事でしょうか?
建築技術教育普及センター(建築士試験の主催元)のHPに正式に掲載されていますが、一次試験の合格率が20%弱、二次の合格率が50%弱。単純計算で一桁の%の合格率です。何回目で受かったかは公表されていませんが、受験出来る最小年齢が25歳で、合格者の平均年齢が34歳くらいと公表されているので、受け続ければ10回以内には受かるという事になります。(計算上の仮定になりますが…)

建築士の合格率と大学の偏差値は、あまり関係無いと思いますけど。努力あるのみです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

rin********さん

2014/6/520:28:00

一級建築士資格が難関資格であることは事実です。
一次と二次を合わせると合格率は概ね1桁代です。

5回受験すれば3割の人が受かるという話ですが、
数値上はそうした結果は出るかもしれませんが、
かなり努力とコツのいる資格ですので、あくまで
数値と考えた方がいいでしょう。

では大卒の建築士はあって当然かという話ですが、
まずもって「建築士」という名前は建築士資格を
持っていないと法的に使えない名前ですので、
大卒だろうが高卒だろうが、建築士を名乗る人は
何らかの建築士資格(一級、二級、木造)を
持っていることは当然です。

では大卒の建築設計を仕事にしている人は持っていて
当然の認識かというと、一級に限ればそうでもない
というのが現状でしょう。設計を仕事にする以上
普通免許だと言われますが、なかなか取得できず、
結局二級止まりの人もいます。
設計以外の建築関係の仕事であれば、大卒だろうが
持っていない人はかなり多いと思います。

ということで、その人の意見はかなりざっくりした
ように思います。

ats********さん

2014/6/100:19:55

あくまで計算上の話であって実際は違う。
東大難しいけど五回受けたら三割受かるって言ってるのと同じ。頑張って勉強しない限り、バカは何回受けても落ちる。

偏差値50だから取るまでかなりの時間がかかるか、一生取れないかのどっちか。

2014/5/3123:57:04

5回受験しても7割が不合格する試験って、相当難しいでしょう。

合格率10%程度の難関資格です。
誰でも受験出来ません。ある程度の実務経験が必要で、その建築のプロたちが受験して、10%しか合格出来ない資格です。
大手建設会社でも取得していない(取得を諦めた)人が多くいます。建築のプロなら当然必要な資格ですが、取得して当然とまでは言えません。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる