ここから本文です

植物名や動物名などを学術的に表記する場合、カタカナで書きますが、なぜ・いつか...

tun********さん

2007/10/721:34:30

植物名や動物名などを学術的に表記する場合、カタカナで書きますが、なぜ・いつからそうなったのでしょう。国際的な学会で取り決めたのでしょうか。漢字表記の方が表意上理解しやすいのもあります。教えて下さい。

例えば「トサミズキ」「イリオモテヤマネコ」など、漢字の方が理解しやすいと考えています。
今から30年位前の図鑑には「ひらかな」表記もありました。
どんな経過をへて「カタカナ表記」なったのかお教え下さい。
URLでもいいです。

閲覧数:
2,027
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

den********さん

2007/10/722:46:24

動・植物名を仮名書きする経緯は、戦後の国語改革以降ですが、厳密には、昭和27年学術用語の表記について国語審議会が学術用語分科審議会に回答したことに始まるようです。
仮名書きについては、漢字制限の関係もあって、多くの語が仮名書きになっていますが、動・植物に限ると、片仮名・平仮名のどちらを使ってもよいことになりました。図鑑に平仮名があった理由はこれでしょう。
更にその後、動物名には、平仮名を、植物名には片仮名を、更にその逆も可、或いはいずれも片仮名または平仮名という緩やかな縛りしか今もありません。しかし、平仮名は文の中で読みにくいことが理由で、片仮名が多くなったようです。
辞書を引くと、例えば、「イリオモテヤマネコ」は「西表山猫」と出ています。常用漢字であればこれも使ってよいことになります。全体として、大変緩やかな縛りでしかありません。
いつしか、文中で読みやすいカタカナがはびこったとしか言えないようです。

<田子>

質問した人からのコメント

2007/10/8 13:57:58

感謝 有難うございました。やはり国語審議会だったんですね。カナ表記変換辞典などがあると日本の学術歴史が分かり、また漢字の表意性も認識できて便利だと思いますね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる