ここから本文です

アパート経営をしているものですが、業者から太陽光発電の事業を勧め られました。

ta8********さん

2014/6/710:41:09

アパート経営をしているものですが、業者から太陽光発電の事業を勧め
られました。

国が固定額で買い取ってくれて、入居付けの心配もなく、設備には保険
をかけておけばよく、融資も低利で引けるそうです。なにより利回りは
10%で廻るとのこと。

しかしながらよく分からないことに手を染めるのはリスクがあり、そん
なにおいしい話はないと思います。

太陽光買電のメリット、デメリットについて教えてください。
国の買い取り価格が年々下がってきているそうですが、不動産投資とし
て今から参入しても、事業として魅力的なのでしょうか?

税金の計算も難しそうですね。
社会的意義云々ではなく、不動産投資としての観点でご教示ください。

閲覧数:
541
回答数:
9

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

han********さん

編集あり2014/6/722:55:59

産業用の太陽光発電を所有するものです。

うまい話には気をつけろといいますが、太陽光発電に限っては、気をつけるのは設置価格と業者選びです。下の人が「儲かるならお金持ちの人がばんばんやってる」と言ってますが、実際お金持ちの人は投資としてやっています。私なんかはフルローンで太陽光発電所を建設し、順調に事業として成り立っています。

基本的に訪問販売や電話勧誘からの購入は悪徳業者が多いのでお勧めしませんが、アパートなどの大きな屋根ならば、10KW以上の太陽光発電が乗せられる場合が多く、太陽光発電はお勧めです。
10KW以上の太陽光発電は発電した電力を1Kwhあたり32円+消費税で電気事業者が20年間買い取ってくれます(10KW未満なら37円で10年間)。これはいわゆる「再エネ法」と呼ばれ、特別措置法として、電気事業者に買い取るように義務付けています。なので、業者の言うことは嘘ではありません。

下の方が各戸の電気代が安くなると言っていますが、アパートは大家のものなので、太陽光発電の収入は100%大家の収入です(太陽光発電の収入を家賃に還元しても構いませんが、そこまですることないでしょう)。
仮に10KWの太陽光発電を設置した場合、初期投資は約350万円程度です。
これから消費税が10%になることを前提に計算すると、固定期間20年間の収入は、、
10×1150×32×1.1×20=810万円です。
方位や劣化も考慮して厳し目にみても700万円の収入になります。
ここから固定資産税や所得税、メンテナンスなど引いても600万円程度の収入になります。
年利10%にはやや届かないかも知れませんが、計算上は充分投資するに値するものです。

自然災害などのリスクは保険でカバー出来ます。
パワコンは15年から20年程度で故障すると思いますがほどんどの場合が基盤交換で済み、10万円もしないです。パネルの寿命は30から40年とも言われています。きちんと認証を受けたメーカーなら心配は無いと思います。

以上はアパート屋上に設置することを前提に話をしましたが、遊休地への太陽光発電の設置ならなおさら儲かります野立の太陽光発電の建設単価はKW25~30万円と屋根設置より安いです。なので、年利10%以上は十分可能です。
ただ、太陽光発電は日が当たってなんぼですから、日陰の土地などには向きません。また、将来20年間にわたって日照が確保できるような土地でないとリスクを背負うことになります。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/8件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kaw********さん

2014/6/1123:42:08

表面10%でも税引き後何%かが大事ですよね。
売電所得税は個人なら累進性ですし、10KW以上なら固定資産税もかかってきます。国民健康保険なら売電所得の約10%の所得割も。年によって償却額、固定資産税が変わるし、税金も人によって全く違うので、厳密に計算しないといけませんね。

あとは分からないのがリスクです。電力事情様変わり、発電抑制、インフレ、災害、政府の強引な制度変更、雨漏り、パフォーマンスの低下、メーカー倒産で修繕困難など。でも不動産よりは収益の見込みが立てやすいと思います。

500万投資して20年後撤去し手取りの累計が800万なら、
初期費用500万引いて300万の儲け。利益300万÷投資額500万÷20年=実質利回り3%ってことでしょう。政府のインフレ目標2%が続いたなら実質1%か。

太陽光も不動産同様で、いくらで仕入れるかでほとんど決まっちゃうと思います。規模や税金対策で人によっておいしいか否か分かれるでしょう。グリーン投資減税一括償却なんて節税もありますからね(人によっては大きなメリット)。

mer********さん

2014/6/1110:31:26

太陽光発電は国、地方自治体、郵便局、コンビニ、大手中小零細企業、ありとあらゆる公的機関と企業体が設備投資をしています(調べてみてください。ほんとに多いですよ)

そして企業は儲かると期待したところにしか投資はしません。

結果的に損を出すこともありますが、企業が設備投資に至るためには、徹底的に調査をして、これならいけると思えない限りGOサインは出しません。出せません(損を出す投資ばかりしていたら会社が潰れます)

特に太陽光発電の場合、初期投資が結構かかりますので、失敗したら大損です。大損するかもしれないリスクがあるにもかかわらず、そのリスクを背負ってまで投資する価値があると判断しているところがミソなのです。

ですから多くの企業が投資している現状踏まえれば、巷で言われている「太陽光発は利益が出ない」という説は疑わしいと考えられます(太陽光発電を設置した全企業が失敗して損を出すということも考えられなくは無いですが・・・・・)

今のところはそんな話は聞きませんのでご安心して設置されてください

ただし設置希望場所が利益を出せるかどうかは調べてみないと分かりませんのでその点はご理解ください。発電環境については詳細わかりませんのでなんともいえませんが複数設置業者の見積もり交えて比較すれば大抵、平均値が見えてきます。

迷っている段階でしたらまだ調査不足です。確信がもてるくらいまで見積もりを取られて各業者比較されてください。

比較検討していれば自然と価格相場も把握できますし、基礎知識も身についてきます。何より他社の見積もりを持っていれば交渉する際に心強い味方になってくれます。今はインターネットで気軽に見積もり依頼ができますので一度見積もられると良いでしょう。「ソーラーパネル見積もり」などで検索されてください。

当方の知恵ノートにも信頼できる業者の選び方載ってますのでご参考にされてください(名前クリックで移動先に「知恵ノート一覧」あります)

沢山見積もり出させて競合させてみると対応やサービスなどの違いで会社の良否もかなり浮き彫りになってくるので怪しい業者の見極めも容易になってきます。少しでも多くのサイトで少しでも多くの会社の見積もりをして競合させてみてください。


ちなみに比較するポイントは

1.「売電見込み」
(1)収入
①20年間の発電量
②売電単価
③20年間の売電収入
④補助金収入

(2)支出
①設置費用(工事費、申請費、諸経費込み)
②メンテナンス費用、20年間
③税金、その他費用
④撤去費用



2.「保証期間」
(1)売電出力保証値と保証期間 (2)設備保証内容と保証期間




3.「.設備見積もり」
(1)設備費・・・・・・合計金額XXX円

①太陽電池モジュール
②パワーコンディショナ
③接続箱
④発電モニター
⑤架台
⑥売電用メータ
⑦その他

(2)工事費

①基礎工事
②据付工事
③電気工事
④運搬、輸送費
⑤申請費用(電力会社、補助金)
⑥工事諸経費

(3)その他経費

①税金
②その他



4.「上記1から3の見積り有効期間」


ご参考にどうぞ

lov********さん

2014/6/901:44:12

私は自宅屋根だけで満足できず土地購入してまで太陽光やってます。

アパート経営されていることの方がすごいです。
私は株もFXも不動産投資もやったことありませんが、太陽光はずっと低リスクで簡単だと思います。
ローリスク、ミドルリターンなのかな?
その分、なにかの拍子で笑いがとまらないほどの爆発的な利益がでることもないですが裏返せば安定してます。

「不動産投資として今から参入しても・・・・」について

太陽光発電は不動産投資ではありません。
一番大きな違いは、設備は登記しないという点です。(担保になりにくい)
税制上も不動産所得ではなく事業所得です。

税金計算はアパート経営に比べればたいしたことないでしょう。
利回り10%というのは表面利回りです。
実質については税金も考慮してね!といって業者に計算させればよいです。
税金計算はそんなに難しくはありません。
昨年サラリーマン+個人事業主になって会計ソフト1本で確定申告できました。

その話をもってきた業者が信用できるかどうかはあやしいですが、太陽光に関心をもつことができたという点では感謝してもよいでしょう。
保険は必要と説明しているのでマシな方かも。

chi********さん

2014/6/812:06:24

市民発電所は屋根貸してくれるところを探しています。それなら屋根賃料がはいります。ネットで市民発電所を検索して問い合わせしてみてくださいね。

hau********さん

2014/6/713:16:32

家の方へソーラーを設置しています。

設置の為に融資を受けるという事でしょうか。
例えば、個人で設置の場合はソーラー用の15年返済のローンを利用出来るのですが、発電・売電料と比較すると月々の返済額とどっこいどっこいな月もあれば、大幅に赤字(発電量が少ない)な月もあります。

アパートの屋根だと10kw以上のパネルを設置出来るかと思いますが、売電料と融資の返済額と比べると決してお得とはいえない部分もあるのでは。

アパートはオール電化になさるのでしょうか。
オール電化は時間帯によっても料金単価が異なるので、オール電化ではない物件と比べると暮らしづらい部分もありますよ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる