ここから本文です

巷で売られている情報商材(情報商材アフィリエイトで稼ぐ系が特に)の中には、 ...

ide********さん

2014/6/804:04:21

巷で売られている情報商材(情報商材アフィリエイトで稼ぐ系が特に)の中には、
その商材の購入者でないとアフィリエイト(紹介)して販売する権利がもらえない

情報商材やネットビジネスの高額塾が数多くありますよね?

実際に買ってその手法で稼ぎたいから、買う人もいるでしょうが、
ある程度販売力のあるアフィリエイターからすれば、販売権利を(実質商材もついてきますが)
得るためだけに購入するケースもありますよね?

これって、システム自体はネットワークビジネス(MLM、マルチ商法、マルチまがい商法)
と同じじゃないですかね?

買ってくれた人に紹介して稼いでもらいたいとか、
買ってくれて商品の良さを理解してくれた人にだけアフィリエイト権利を与えています、
とその商材の大本の販売者(インフォプレナー)はいったりしますが、
いかがでしょうか?

閲覧数:
107
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

vvb********さん

2014/6/810:40:04

おっしゃるとおりだと思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

タックンさん

2014/6/1407:12:12

僕はMLMについてはよくわからないですが、
確かに買わないと販売権利が得られないというのは事実ですね。

ただ、こういうのは要するに責任を持たない販売者をフィルタリングするためのものだと思っております。
その昔、情報商材系は「売り逃げ」が結構問題になったりしていました。

まぁでも質問者様が「この商品なら絶対に売れる!」と思えば、別に購入されても販売で元は取れますし、いやなら関わらなければ良いだけのような気がします。

情報商材系のアフィリエイトを本気でやろうと思ったらリストを集めるにもそこそこお金がかかりますし、その中で言えば情報商材購入料は正直お祝儀というか販売者への挨拶というか、そんな感じなのかなーと思う部分はあります。

まぁ、構造的にはインフォプレナーが儲かりやすいのは間違いないと思います。

医療牛さん

2014/6/1212:37:35

実際の理由は、購入もしていないのに
有る事無い事レビューするアフィリエイターを
減らすための処置だと思いますが

真実はどうなのでしょうね。

ワンデイさん

2014/6/910:14:45

構造としては似ている気がしますが、階層が増えていっても直接紹介してもらったアフィリエイターにしか、アフィリエイト報酬が入らないことを考えると、必ずしもMLM型ではないように感じます。
→アフィリエイトする際は結局、アフィリエイターはみんな販売者の直下に日もづくことになりますので。
※2ティア制度を利用していたら、もう1段増えますが。

あと、商材販売者としても、本当に売り上げを伸ばしたいと思っていたら、商材購入者にだけアフィリエイト報酬を認めるのではなく、購入者以外も広くアフィリエイトできるようになったほうが報酬は伸びますので、あくどい儲け方をしようとして「商材購入者にだけアフィリエイト可」にしているわけではないように感じます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる