ここから本文です

日本車とドイツ車って、そんなにボディ剛性が違うのですか? もしそうなら、ボ...

ari********さん

2014/6/2116:46:45

日本車とドイツ車って、そんなにボディ剛性が違うのですか?

もしそうなら、ボディ剛性はあった方が良いみたいですが、日本のメーカーは技術的に近付く事が出来ないんですか?

閲覧数:
3,445
回答数:
10

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

e90********さん

2014/6/2117:02:50

乗ればわかります。同じクラス(3シリーズとマークXとか)で両方に乗ると違いは誰にでもわかります。
国産車はコスト的制約でこうなっているのだと思っています。
ボディだけではなくステアリングのシャフトの太さも国産は半分ぐらいです。安くないと数売れないから仕方ありません。
国産でもレクサスなど高額で販売する車種はかなり剛性の高いボディです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/9件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

edo********さん

2014/6/2415:10:55

最初の頃は変わんないですよ。どっちも。
違うのは年月経ってから。
日本車がミシミシ言うようになってもドイツ車はミシリとも言いません。
まぁ、こまめに消耗品(ブッシュ類)は交換する羽目になりますが・・。
あと、ドイツ車はその分「美味しくなる時期」が遅いです。
日本車が新車から馴染んで来る距離になってもドイツ車はまだ「馴染んで来ない」です。ぎくしゃくしてます。もっと距離乗らなきゃ馴染んで来ないです。
つまり、美味しいスポットの領域が違う・・と。

k20********さん

2014/6/2309:32:11

1990年代までは、全く別物でしたが、今は、同じ車格であれば大きく変わりません。
例えば日本のコンパクトカーだと1990年は、車重900キロだったものが、2000年には、1100キロになっていて、この頃から日本車=貧弱では無くなっています。

またドイツ車は、日本で言うとセルシオクラスが多いですが、金持ちが500万円で買った車を中古で庶民が200万で買います。
庶民は、新車をあまり買わないため全体的に高級車が多いのです。

日本では、庶民向けに200万クラスの車が用意されているため全体的に剛性の低い車が多くなります。
2000年までの日本の中古車は、長持ちしない上、最近は、中古車の多くがロシアやアジアに流れる為、日本では中古車そのものも少ないです。

それにドイツは、高速道路で150キロから220キロの速度を出します。
ミドルセダンは、200キロを超えた速度で安定走行できないとなりません。
そのため高速安定性が非常に重視されます。
日本でも既に技術的には、ドイツ車と同等な車種が存在します。
それらの車種を多くすることも可能です。
しかし日本車では、フワフワシートの高級車や、車高を無駄に高くしたり重心を前よりにして車内を広くした車が人気であるため、全体的に高速安定性が低くなります。

もちろんポルシェのように超が付くレベルの車を単独で作れるメーカは、ありません。

ちなみにイギリス時代のMINI COOPER は、軽と大差ありませんし、ドイツ時代になって日本のコンパクトカーと同等になったレベルです。

kai********さん

2014/6/2213:40:27

技術と言うより、どこにコストを掛けるかの違いです。
鉄板の厚さが違いますがボディー剛性(安全基準)はそれほど変わらないです。
そういう技術では日本は負けては居ません。
但し、使っている金属の絶対量が違うので運転した時の質感や剛性感が国産車とは違うんですよ。
金属の硬さや厚みで剛性を出すか、薄い鉄板でも形状を工夫して剛性を出すかで乗ったときに感覚の違いがでて好みも違いますが、金属も劣化しますのでどちらが長く乗れるかはすぐ判りますよね?。

ich********さん

2014/6/2204:48:55

剛性は大して変らないけど
剛性「感」は違う。
何が違うかと言われ簡単に答えれば、主にブッシュの硬度とバネの硬さが違う。
日本人でも「欧州車的な車が良い」と言う人も居るが、実際多くの日本人には好まれない。
(その典型例がP10プリメーラ、乗り心地面で日本人から不評の声が多くMCでスポット溶接の数減らしてまでして剛性を落としたり)
日本メーカーの車でも欧州向け輸出車は「乗った瞬間にアホでも違いに気づく」程の違いが有る。
因みに現在の欧州車は以前に比べ随分と「日本車的」なのは間違い無い。

ten********さん

2014/6/2120:13:12

剛性もですが強度は国内向け販売車と輸出向けは別物です。

F1でもわかりますが、トヨタとホンダが多額の費用を費やしても欧州の車体には勝てなかったことで分かるように、剛性を肌で感じて車を作れる職人が日本には居ないって事でしょうね

日本車は剛性を引き上げる為に輸出向けは補強材をつかって強度を高めていますが、ゴルフで分かるように剛性を引き上げて軽量できるレベルまでに残念ながら至っていない

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる