ここから本文です

不可分債権、債務について 例えば、 1、1台の車を甲と乙で買った場合=不可...

fun********さん

2014/6/2918:41:41

不可分債権、債務について

例えば、
1、1台の車を甲と乙で買った場合=不可分債権

2、甲と乙で共有の車を売った=不可分債務ですが

1の場合ですが、甲と乙は単独でも請求ができる

2の場合ですが
債権者は、甲のみに対して又は
甲と乙順次に請求ができるということですか?

閲覧数:
80
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

eve********さん

2014/6/3001:28:38

1は完全にその通りです(民法428条)。
2は「甲乙どちらか一方に対し」または「甲乙同時に」もしくは「甲乙順次に(またはその逆)」請求ができます(同430条・432条準用)。

質問した人からのコメント

2014/6/30 17:52:59

納得です!
ありがとうございます

Yahoo!知恵袋 特別企画

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる