ここから本文です

海外旅行中に盗難にあった時

ddd********さん

2007/10/1723:08:16

海外旅行中に盗難にあった時

パソコンやビデオカメラを海外に持って行きたいのですが、購入証明(レシートや保証書)が全く無いため不安です。

海外旅行保険に入っていれば、盗られた商品の購入証明がたとえ全く無かったとしても

ちゃんと保険金が支払われると、前回の質問で皆さんにお答えいただいたのですが、

本当でしょうか???


だって、もしもそれが本当だったら保険金詐欺師のやりたい放題(最初から持っていない高額商品を盗まれたことにして保険金をもらうなど )だと思うのですが・・。

経験ある方など教えてください。

閲覧数:
20,088
回答数:
5
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ryo********さん

編集あり2007/10/1823:50:19

>海外旅行保険に入っていれば、盗られた商品の購入証明がたとえ全く無かったとしてもちゃんと保険金が支払われる

(保険金詐欺を疑われない限り)本当です。場合によっては盗難証明書が無い場合でも自認書等で可能な場合もあります。(高額では有りませんが経験有り。盗難では無くカメラ壊しました。壊れた写真は一応取ってましたが特に要求も無く全損扱いで原価償却無しの支払い。)
普通は、盗難時にTEL等で確認→たらい回し(笑)。高額な海外からの通話料を支払い(笑、無料で無い場合が多い。無料のオペには繋がらない 笑)必要な処置確認ですね。
自認書と書きましたが普通、別様式で 自認書 をつくる訳ではなく保険金請求の請求書に理由など書く欄があるのが普通。額なども書く欄があります。領収書が無い場合定価をそこに書けと言われました。保険会社の査定員も数万円の請求だとメンドクサイ(笑)のが普通。百万円単位になると話しは一変すると思いますよ。(よく盗難車の保険で不払いなど裁判になってますから)

ただし、原則携行品についての請求時必要とされる物には何処の損保でも原則公的な盗難証明書(例外第3者の証明書、特例?自認書のみ)、購入時の金額購入先等を示す書類、領収書などとなっているはずです。
金額が高ければ高いほど真偽は別として疑いを掛けられる率はあがると考えるのが普通なのでスムーズな支払いの為には用意すべきですね。
ま、領収書なんて幾らでも作れちゃうけどねw。(これこそ犯罪で詐欺?偽造?でつかまりますw)

又、保険の原則は補償額は原価償却額です。ただ、査定やチェックがいい加減なのか定価(=請求額)通りの事もあるようです。


>保険金詐欺師のやりたい放題

疑われたら色々求められるでしょうし、場合により訴えられますのでやめましょう。短期で複数回あれば(損保幹事会社が違っても)確認されると思いますよ。複数回有る事自体怪しいですよね。
又、貴方にその気がなくても旅行前に気にしすぎるのは保険金を貰う事が前提(つまり詐欺)と疑われる場合もあるので、こういう場所であまりおおっぴらに聞かない方が良いですね。詐欺行為を助長するかもしれないし。

手間がかかるし高額でないと詐欺しても引き合いません。今時PCもって海外っていうのは会社員でなくてもバンコク辺りでゴロゴロいますが、それでも少数派ではあります。観光旅行でなんでPCいるの?となるのが普通。貴方が世間から白い目で見られる事の多い海外長期滞在者なら尚w。(会社員の出張なら問題無いけどね)

まあ、海外に盗られる事を心配するなら貴重品は持っていかない事です。ビデオの編集やるなら家でやる。データー保存は容量多いメディア持つ。メールや調べ物はネカフェで。それで大抵間に合います。

領収書がどうしても心配なら最近は安いし新しいPC買えば?MacのCoreDuo積んでるノートでも15万以下で買えまっせ。ショッピングプロテクションのついてるカードで買えばカードの保険もつきますし(笑)。


老婆心ながら補足

心配して調べるのは良いですが事前にあまりに知りすぎると万が一の請求時にあまりに準備良すぎて(笑)・・・逆に疑うな俺が査定員や調査員なら。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

dj_********さん

2007/10/1903:24:56

請求額面全部ではなく、審査がありますので保険金詐欺師のやりたい放題にはならないと思います。
何年使用したものかとか、領収は不要ですが、盗難届を現地の警察から入手したり、
場合によっては同行者のサインが必要だったりしますから。それに証明が無いと、ある時より低い額に抑える査定になるかもしれません。
ちなみに、保険請求したことあります。領収書が無い品に対してもおりています。

pie********さん

編集あり2007/10/1813:18:23

以前海外旅行中に盗難にあいました。ホテルにいる旅行会社の現地の人に連絡したら、警察官をホテルの部屋に呼んでくれました。
状況や物品の種類・金額等を色々聞かれた後、盗難の証明となる書類を作成してもらいました。
レシートや保証書は不要でした。もしあってもその製品を旅行に本当に持って行った証明にはならないと思います。

もし作り話であるならば、返答に窮したり、矛盾した内容であったり、裏をとられるとすぐにバレるかも知れません。
そのリスクを考えると一般の人には割に合わないでしょう。

バッグやケース全体を盗まれたり、紛失したりすることもありますから、チェックリストを兼ねた荷物一覧を旅行に持って行くと役に立ちます。

tam********さん

2007/10/1723:50:08

不安なら持ち出さないこと!
また、購入証明がないということは、随分以前に購入されたということですよね?
そうなると減価償却分を考慮されますから、万が一盗難にあったとしても満額でるわけではありませんから。
数年経ったカメラやパソコンなんて多分二束三文(適切な言葉が見つからずすみません)だと思ってください。
大切なものは海外旅行に持っていかないのが原則です。
ちゃんと保険金が払われると言う意味は、新しいものを購入する金額ではなく、現在の価値でということです。

また、保険金詐欺やり放題ということは確かにあって、昔カメラを数台(当時の日本製カメラは貴重品だった)外国へ
持っていき(自分はカメラマンだと称していた)現地で売りさばき、その足で警察に行って盗難届をだし、保険を
請求したという悪い人の話を聞いた事があります。
現在、各保険会社はそれなりの情報を蓄積していますから、怪しい請求があればたとえ証明があっても・・・
と聞いています。

私も実際2回現地で盗難にあいました。すぐに警察に行き届を作成してもらいました。あとから思い出したものを
書き加えて正直に申請しました。やはり古いものも混じっていましたから、申告した金額より少なめになっていました。
これはしかたありません。(1品につき10万が限度たったと思いますが。。。今違うのかな?)
100万のペンダントヘッドを部屋で無くしたって人の話を聞きましたが(飛んじゃったらしい)「そんなもん、
もってくるな!」って思いました。

hea********さん

2007/10/1723:21:08

同じ人が何回も海外旅行のたびに保険を請求したら購入証明の提出なども求められるでしょう。
従ってやりたい放題は出来ません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる