ここから本文です

AB型って何故少ないのでしょう?

sup********さん

2014/7/420:31:08

AB型って何故少ないのでしょう?

AB型ってA B Oの様に独立した血液型だと思っていたのですがAとBが混ざった型なのですね。
世の中見てみたらA型とB型のカップルはいくらでもいると思うのですが
なぜABは増えないのでしょうか?
左利きみたいに神様の気分なのでしょうか?

閲覧数:
40,421
回答数:
7
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kan********さん

2014/7/720:29:19

本題について誰も明確に回答していませんので横槍入れて回答します。

まず基本から行くと血液型と言うのはAとBとOと言う三つの遺伝子の
組み合わせによって決定されます。
3種類なので3×3=9通りの組み合わせが有る事が分かります。
それぞれの組み合わせでなる型は

A型 AA AO OA
B型 BB BO OB
O型 OO
AB型 AB BA

単純に考えるとAB型はO型の2倍の期待値が有る事になります。
考えれば簡単です。O型は一つ目がOでかつ二つ目もOでなければならない
AB型は一つ目がA二つ目がBと、一つ目がB二つ目がAのパターンが有るからです。

ではなぜAB型はO型の3分の1程しかいないのでしょうか?

答えは簡単です。
AとBとOの遺伝子自体の存在割合が均等では無いからです。
O遺伝子が圧倒的に多いからこそ期待値が少ない筈のO型が
そこそこ多く期待値が多い筈のAB型が少ないのです。

もう一つ言うのであれば日本は世界的にAB型が多い国です。
O型の割合が9割を超えている国なんて結構有ります。

そんな状況でAB型が現れてくるでしょうか?
AとBの遺伝子がそもそも少ないからA型とB型のカップルがいたとしても
大概がAとO、BとOの組み合わせであり事実上A型とB型のカップルの
子供の4分の1しかAB型はいないことになります。

第一世界的にもAB型が多い国の日本でさえAB型を数多くつくるのに必要な
AAやBBはAB型より遥かに少ないです。

このような状況ですから世界的にAB型が増えないのは当然の話であり
神様云々の話では全く有りません。

「ab型 割合」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kir********さん

2014/7/719:45:33

混ざったとかではなく独立していると思います。

A型とB型のカップルはいくらでもいると
>カップルはいても結婚に至って出産する人は少ないと思います・・

ちなみに神様でも無いと思います。ABはAB。

bca********さん

2014/7/618:13:56

AB型が少ない理由は主に2つですね。

《1つ目:O型からは出現しないから》
AB型とは抗原Aと抗原Bを受け継いだ時に出現するので
O型のOの遺伝子が入ってくるとAB型にはならないんです。
O型は日本全体の約30%で比較的多い血液型なので
AB型が出現しづらくなってるのです。

《2つ目:A型とB型にそれぞれAOとBOがあるため》
A型の遺伝子型AOとB型の遺伝子型BOは
AOなら抗原AとOの遺伝子・BOなら抗原BとOの遺伝子を持ってます。
もしOの遺伝子が受け継がれるとこれまたAB型の確率はなくなります
なのでA型とB型の組み合わせならAB型が絶対に生まれる。
というわけじゃないのでこれもAB型が少ない要因です。

生物学的な話になりましたが要はこの2つが
AB型が少ない理由になります。

nip********さん

2014/7/519:53:25

AB型以外の人から見たら

要らない血液型だからです

AB型はAB型にしか

輸血できないですから

ek3********さん

2014/7/504:18:57

血液型にわA型でもAO型とAA型とあります
B型(BO,BB)
O型(OO)
AB型(AB)
たとえばA型とAB型から
子供からできるときわ
(横A型×縦AB型)交わった所が子供の血液型です

ーーAーO
AーAAーAO
BーABーBO

といったふうに
25%の確率でしかABができません

ーーAーA
AーAAーAA

BーABーAB

これでも50%です

ーーAーB

AーAAーAB

BーABーBB

これでも50%です

今現在AB型がすくなく
さらにAA型BB型とゆうのわ
少ないみたいです
なので余計かもしれません

プロフィール画像

カテゴリマスター

exh********さん

2014/7/423:39:56

「AとBが混ざった」血液型ではありません。独立しています。

A型とB型の男女から生まれた子がAB型である確率は、特殊な例外を省けば56%くらいにしかなりません。
そして、血液型の分布は地域ごとに極端に違いますが、両親のいずれかがO型である場合、AB型は生まれません(これも、特殊な例外は省きます)。

もし仮に、A・B・O・AB型の人間が同数ずつ居るとして、すべての組合せが均等に存在する場合に、AB型が生まれる確率は22%程度となります。
しかし、多くの集団ではO型が多く、上記の理由からAB型の出生率は下がります。
さらに、AB型の子が生まれる確率が比較的に高いAB型が少ないのですから、その子世代・孫世代と、どんどんAB型の子は減ります。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる