ここから本文です

英語のリスニングのコツを教えて下さい!

tou********さん

2007/10/1913:46:45

英語のリスニングのコツを教えて下さい!

英検2級を受けようとしています。
でも、リスニングに苦しんでるんです。

その時に言っている単語は分かるんですが、次の部分を聞こうとすると、前に聞いた部分が怪しくなり、さらにその後の部分を聞こうとすると、始めに聞いた部分を忘れる、の悪循環です。

難易度が上がるほどひどくなっていきます。

英検の準2級の時は、なんとか乗り越えられてリスニング7割が取れました。
しかし今回は、少し考えないと訳せない部分もあり、それを考えているウチに次の部分へ進んでいるという感じです。

文法とかと違って、勉強すれば出来るというワケではなさそうな気がします。
コツがあったら教えて下さい!!

閲覧数:
30,466
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mor********さん

2007/10/1915:43:37

「英検の準2級の時は、なんとか乗り越えられてリスニング7割が取れ」たのですから、
2級との違い、
・語彙・表現のレベル
・速さの違い
を乗り越えれば、大丈夫です。
・語彙・表現については、その都度憶えてゆく努力をされればレベルアップが図れると思いますが、
・速さについては、訓練が必要だと思います。
(1)読む訓練
CD等のリスニング練習と並行して、音読による速読練習に取り組まれることをお勧めします。
速読のポイントは
・前から区切れ毎に
・表現されている物体・状況・情景を、日本語に置き換えないで、映像としてイメージする。
ことです。
(→あなたは、英語→日本語→イメージの過程を経て理解しているかも知れません。)
例えばa dogが出てきたら「イッピキノイヌ」という日本語ではなく「一匹の犬の映像」をイメージします。
区切れ毎に自分がイメージ出来る速さに合わせて読みます。
音だけが先行して、イメージが付いて行かないということが無いようにする事がポイントです。
最初はゆっくりですが、練習を重ねればどんどん速くイメージ出来るようになり、それに応じて速く読めるようになります。
読むと聞くは密接に関連していて、
・自分が読める以上に速い文
・自分が発音できない音
は聞き取れません。
逆に言うと、速読出来れば速い文・発音が聞き取れその内容がイメージ出来るようになりますから、速読力はリスニング力に通じます。
前提となる
・区切れが分かる→文法力。
・イメージ出来る→語彙・表現力。
を付ける学習も並行して進めて行きましょう。
(2)聞く訓練
英文を聞くとき、どの単語も均等に話されているわけではなく、
情報を伝える上で
・重要な語句→強く・ゆっくり。
・それ以外の語→弱く・速く。
話されます。
私たちが日本語を聞いたときに、
「今聞いた日本語を、一言一句変えないで繰り返して言ってご覧」
といわれても出来ませんが、言われた内容は正しく理解しています。これは、
・重要な語句を理解し、
・その隙間は「正しい推測」で埋めているからです。
英語でも同じ事で、
・強い。遅い→重要→しっかり捕らえる。
・弱い。速い→それ以外→推測する。
という抑揚、リズムを、内容理解の一つの情報として捕らえることが大切だと思います。
(→あなたは、どの単語も均一な比重で聞き取ろうとしているかも知れません。)
( )は、勝手な憶測ですから気になさらないで下さい。
速読とリスニングの併用練習、お互いに頑張りましょう。

質問した人からのコメント

2007/10/21 20:22:02

降参 今日英検がありました。リスニングは…最悪でした。
メモしたり工夫したんですが、速くてついていけない感じでした。
速い部分をしっかりとらえようと頑張ってみます♪

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nkj********さん

編集あり2007/10/2002:14:47

> 文法とかと違って、勉強すれば出来るというワケではなさそうな気がします。

鋭いですね。
文法は「コツコツ勉強」すると短期間でできるようになります。
たとえば、800問の文法問題を解いて、間違った 300問を勉強して
次からはその300の文法項目は間違えないようになります。

一方、リスニングは、「勉強」というよりも、「練習」とか「訓練」
という感じがします。

どちらかというと、自転車に乗れるようになることや
ピアノが弾けるようになることに近い感じではないでしょうか。


悪い言葉で言うと「スランプ」、、、
私の好きな言葉では、plateau 「台地」「停滞状態」というのが
リスニングには付き物だと思います。

私の経験ですけれども、一年、二年、三年、、、
毎日の生活の一部にして、あきらめずにリスニングの「練習」「訓練」
をしていると、何度も、何度も、一瞬の breakthrough を経験しました。

365日のうちの、360日は「スランプ」状態にある錯覚に襲われますが
365日に何回か、突然、壁を突き抜けたように英語が耳に入ってくる
瞬間があります。


リスニングは地味な練習ですけれども、短期間で実力アップが
味わえない反面、続けていると「英語耳」の形成というかたちで
自分の財産になっていく感じがします。
時間をかけても、報われない気がしますけど、休まず、あせらず
練習してください。



具体的には、3つほど心に留めておくとよいコツがあると思います。

1. 発音できない英語は聞き取れない。

高校時代の教師が「頭痛がする」という英文を
「アイ ハバ ヘッドアチェ」と言っていましたが
きっと、この先生は I have a headache. という英語を聞き取れない
と思います。

『リスニング力向上のため、単語レベル・短文レベルで、少しでも
 ネイティブに近い発音ができるように、つねに高いレベルを目指しましょう』


2. 同じ英文を何度も聴くほうが、聞き流しよりも、学習効果が高い

リスニングは、自転車に乗れるようになることや、ピアノが弾けるようになる
ことに近い、と書きましたが、いろいろな種類の自転車に乗る必要はないし、
ピアノで同じ曲を何度も、エリーゼのために、ばかり弾いていても
練習になります。もちろん、何曲も練習できれば、そのほうが良いに決まってますが
ただ、聞き流しではリスニング力はつかないことは、
過去に、1000時間リスニングマラソンを一年やって、聞き流しを
一年してしまった体験からも、そう言うことができます。

英検2級のリスニング問題一回分を、何十回も、英文原稿を見ながら
シャドーイングしたり、リピーティングし続ける。出来るようになったら
次の回の分を、また、英文原稿を見ながら、訓練してください。

TOEIC でも、模擬試験のリスニング100問45分ぶんを、二ヶ月くらい
毎日毎日、シャドーイングする。



3. 短文を数秒目で見て、数十回、すらすら無意識に言えるまで
 毎日、練習すること

スピーキングの練習です。
英文を暗記するというよりも、短期記憶を磨く練習です。
翌日には、その英文を言えなくていいですから、今、目の前の英文を
最初の単語から、ピリオドまで、頭に一瞬、記憶する練習です。

これは、徐々に上達してきますから、やっていて楽しい作業と
言えるかもしれません。(スピーキング力がもちろん付きます)


> その時に言っている単語は分かるんですが、次の部分を聞こうとすると、
> 前に聞いた部分が怪しくなり、さらにその後の部分を聞こうとすると、
> 始めに聞いた部分を忘れる、の悪循環です。

ご自分でも気が付いていますよね。

スピーキングを練習すると、リスニング力が上がります。

電光掲示板で、右から左に文字が流れていくのがありますけど
リスニングはあれに似ている気がします。

私が TOEIC テストでリスニング問題を聞いているときも
日本語に訳しているわけでなく、また、メモを取ることも禁止ですから、
ひたすら、聞こえてくる英語、短期記憶に記銘しています。

質問が読まれると、短期記憶に入っている英語を思い出して、
答えている感じがします。

練習教材としては、私は、市橋敬三先生の本で、今でも練習してます。

ちょっと文法的に複雑な長い英文を使って、練習してください。
これも、同じ英文を何十回と練習しても、効果はあります。
(飽きたら、新しい英文で練習してください)



リスニングは、『英語耳』という財産をいつまでももたらしてくれます。
試験合格や、資格取得のためという目的でリスニングを練習していても
身につけば、後々に仕事や旅行で海外に行ったときには、必ずや
リスニングに貴重な時間を費やしたことは、意味があったことだと
感じることが出来ると思います。やっておいて、絶対損はありません。

gut********さん

2007/10/1915:20:02

英検2級を取得しているものです。 

コツというか重要なのは慣れです。そもそもあなたも私も生まれたときから日本語ペラペラだったわけではありません。家族や周りの人が日本語をしゃべっているから日本語をしゃべることができるわけです。

つまりマスターしたいのなら英語を片時も離さないぐらいの気持ちで英語と接しなければならないということです。そして英検はとればいいというものではありません。日常に使えないと意味がないのです。

自分は洋楽を聞いたりとか、ハリーポッターの本(英語)と付属のテープで聞きながら読む、そして訳すを繰り返して繰り返しました。

英語を日本語のようにこなすことができればメモなんて取る必要がなくなりますし、後々役に立ちます。

努力あるのみです。 

試験がんばってください^^

ami********さん

2007/10/1913:56:58

聞き取れた単語や話の流れの重要語句を、簡単にメモしておくと問題を解くときにキーワードとして考えやすいです。

しかし、メモをしてる間にまた聞き逃してしまったりするので、いかに速く簡単にメモを残せるかですよね。

私の場合は、発音をカタカナにして走り書きしてます。
そうすると、最初に聞いたときに意味がわからなくても、発音カタカナを見ながら考えたら、「この単語ね」とひらめき的に意味と発音が繋がることが多々あるんです。

試験がんばってくださいね!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる