ミクニのキャブレター「VM24」と「VM26」の具体的な違いを教えて下さい。 各所の寸法等はほぼ同じらしいのですが・・・。 宜しくお願い致します。

ミクニのキャブレター「VM24」と「VM26」の具体的な違いを教えて下さい。 各所の寸法等はほぼ同じらしいのですが・・・。 宜しくお願い致します。

補足

補足失礼します。ベンチュリ径ってどこの部分でしょうか。恥ずかしながら分かりませんです。すみません。 http://blog.goo.ne.jp/lightning-ybr/e/8554ab385566f8d05d871b3fce57e41a それとここを見るとどうやらどこかの径の大きさが単純に24mmと26mmとの違いではないような 気がするのですが・・・。 お詳しい方いましたら、宜しくお願いします。

カスタマイズ3,138閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

1

簡単に言えば、吸気管の穴の大きさが違う訳です。 ベンチュリーは絞りって事。ガソリンを吸い込むトコロの、空気の通り道の断面積が違うって事です。 キャブレターはガソリンを噴射するわけでは無く、ガソリンを混ぜる機器です。つまり空気はエンジンが吸い込んでいる訳ですね。この吸い込んでいる空気の流れを早くする為に、口径を絞る(小さくする)わけです。そうすると、その部分は手前より気圧が低く成ります。フロートチャンバーのガソリンには大気圧が掛かっていますから、この気圧の低い方へ流れようとします。気体は気圧の高い方から低いほうへ進む性質があると言う事です。 って余計に難しくしたかね?この絞った部分でガソリンが供給されるので、口径はとっても重要に成る訳です。 たったφ2でも断面積はφ24で452.16mm^2ですが、φ26では530.66mm^2に成ります。ですから、外観は一緒でも性能は全く違うものなのですね。同じ流速(空気の流れ)なら、φ24のほうが気圧は低くなると言う事です。ですが、流速が早くなりすぎると気圧が低くなり過ぎてガソリンの供給に限界があるので、口径を大きくする必要が出てきます。これが改造エンジンでビックキャブレターを導入する理由です。

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

大変勉強になりました。ご回答感謝します。ありがとうございました。

お礼日時:2014/7/7 13:27

その他の回答(1件)

0

単純にベンチュリ径の違いでしょ。 24㎜と26㎜の違い。