ここから本文です

戦時中の兵隊さんの下着は六尺だったんですか? http://k2.upup.be/LBb0uHaxkn h...

tes********さん

2014/7/1014:54:47

戦時中の兵隊さんの下着は六尺だったんですか?
http://k2.upup.be/LBb0uHaxkn
http://a2.upup.be/eRY4PcmSVo

補足戦国時代の武将はどんな下着だったんでしょうか?
http://m2.upup.be/iOn4SEc8Ef

閲覧数:
769
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

si7********さん

2014/7/1121:39:56

少なくとも海軍については「越中ふんどし」だったと聞いております。

「海軍式気くばりのすすめ 海軍スマート術に学ぶ」
幾瀬勝彬、光人社NF文庫
に記載がありました。

物不足の太平洋戦争末期になると、ふんどし一丁ですら貴重なものとなり
本来の目的以外にも有効活用されたそうです。(^^;)

http://www.amazon.co.jp/%E6%B5%B7%E8%BB%8D%E5%BC%8F%E6%B0%97%E3%81%...

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

chd********さん

編集あり2014/7/1110:24:19

六尺より生地が少なくてすむ越中ふんどしです。

越中は今の富山県をさす地域ですが関係ありません。
寛政の改革を断行した松平定信の官名の越中守(えっちゅうのかみ)からとられた名称といわれています。極力出費を抑えたのがふんどしにもおよんだようです。

補足
それ以前は六尺が主流でしたから戦国武士も六尺だとおもいます。
一尺は約30センチですので六尺だと180センチだと私でも短くしめられません。 おそらくは呉服店使用のくじら尺だと考えます。こちらは一尺約38センチですので約228センチになりなんとかできそいです。

ura********さん

2014/7/1016:55:54

越中ふんどし
六尺あったら一人と半分出来ます

長さ3尺、幅1尺の布の端を筒に縫い、その筒に紐を通した下着である

越中ふんどし
六尺あったら一人と半分出来ます

長さ3尺、幅1尺の布の端を筒に縫い、その筒に紐を通した下着である

gbr********さん

2014/7/1015:41:59

明治新政府が陸海軍の服装を決めた時、兵隊さんの下着は越中褌と決めました

理由は使う布地が短かったので予算的に安く上がったからです

将校の下着はその人の自由に任されました

mug********さん

2014/7/1015:01:56

戦前はT字型の越中褌が普通です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる