ここから本文です

ミライースがエンジンをアトキンソンサイクル化して低燃費No.1になりましたが 今...

ミライースがエンジンをアトキンソンサイクル化して低燃費No.1になりましたが
今までのエンジンをアトキンソンサイクル化にすることは簡単なことなのでしょうか?

それとも、全く新しいエンジンを積んできたということなのでしょうか?

閲覧数:
865
回答数:
2
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

k_f********さん

2014/7/1302:07:45

sdlkgjdfl27さんへ

>今までのエンジンを
>アトキンソンサイクル化にすることは簡単なことなのでしょうか?
ここについてだけ d(^^;)

正統的なアトキンソンサイクルエンジンは、こんな構造に成ってます。
http://www2.tbb.t-com.ne.jp/atc/Run/Engines/atkinson.html
吸入 ~ 圧縮

膨張 ~ 排気
でのピストンのストロークが違いますよね。膨張 ~ 排気の方が長い距離を移動しています。
それ迄のオットーサイクルエンジンをこれに変えるのは、殆ど無理と判るでしょう。

アトキンソンさんが複雑なクランク軸のアトキンソンサイクルエンジンを発明してから65年後。(1947)
天然ガスエンジンで発電機を作る会社の技術者だったミラーさんが、負荷急変(電気のスイッチをバチンッと入れられた)に対応出来る出力制御法の一つとして、吸気弁閉じ時期を変える事を思い付きます。
これが、量産で値段も下がっていたオットーサイクルエンジンを元に、カムシャフトに付いているカム山のプロファイルをちょっと変えるだけで、圧縮比≠膨張比なエンジンに変えられると判ったアイディアです。
ミラーシステムに拠るアトキンソンサイクルエンジン、では長過ぎなのでミラーサイクル。(でも何故か某ヨタはこれを嫌った w)
この変更ならば、ピストンの頭をちょっと盛り上げて圧縮(膨張)比を高める事と、カムを違った物にするだけで実現します。
が・・・(^^;)

吸気弁閉じ時期を、通常の下死点後55°とかから70°程度へ遅らせて、一度吸い込んだ新気を吐き戻す事で圧縮比だけを下げる。
と言う事は、実質的な排気量の減少ですから、出力低下・トルク減が困った事に成ってしまう。
出来るだけ出力減を少なくしつつ、高膨張比サイクル化するか、が悩み所なのです。
マツダはデミオで圧縮(膨張)比を理想の14に出来ましたが、アクセラやアテンザでは重い車重に対応すべく、圧縮比13と下がってしまっています。
下げた分だけ、吐き戻す量を少なく抑えられ、出力やトルクの低下を少なく出来る。
この問題を考えると、単に「変えた」だけでは済まない事が解って頂けるのではないでしょうか?

全く新しいエンジンに変更する必要は在りません。しかし、変更した影響がかなり多岐に渡る以上、「簡単な事」とは言えないと思うのでした。

難しいですよね。疑問が有りましたら補足なさって下さいな。

質問した人からのコメント

2014/7/13 02:50:31

成功 とても詳しくて解りやすい回答を本当にありがとうございました。てっきり複雑なクランク軸に変更してあるのだと思っていましたがそれだと新エンジンだし・・・簡単ではないようですが高度な技術で改良してアトキンソンサイクル化が可能だと理解できました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

abe********さん

2014/7/1223:57:09

得るものがあれば失うものもあるトレードオフの関係。

エンジン仕様を出来たらグラフで見て見ないと分かりません。

高速クルージングが少ない軽だからこそ強引にやってしまったんではないのかな。

だったらディーゼルでもいいような感じもするが。トルクが大きすぎて重たいタフなCVTが必要になるだろうが。いやミッションでのパワーロスが少ないDCTのがいいかな。

選択の道は色々あるよ。アトキンソンサイクルもどきエンジンが正解かは、ご登場してもらって総合評価しないと分からん。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる