ここから本文です

庭にあるモミジに、緑色のケムシがたくさんついたのでスミチオンを散布したら、 ...

win********さん

2014/7/2312:35:15

庭にあるモミジに、緑色のケムシがたくさんついたのでスミチオンを散布したら、
ケムシは退治できたのですが、葉がほとんど枯れて丸まってしまいました。
これってスミチオンのせいでしょうか?

スミチオン,毛虫,スミチオン乳剤,薬害,モミジ,希釈倍率,ディプテレックス

閲覧数:
3,412
回答数:
6
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tmd********さん

2014/7/2313:48:47

薬が濃過ぎたのです。私も同じ失敗をしましたよ。5月の初めに柿の木や梅の木の新芽にアブラムシが付いたのでスミチオン乳剤を撒きました。低毒性のスミチオンだから大丈夫だろうと思って適当に水に薄めて撒いたのですが、それが悪かったようで、3日ほど経ってから新芽の先が枯れてしまいました。失敗した時期が早かったのでその後に新芽が出て来ましたが、枯れて縮れた葉が今も付いています。「スミチオンだから大丈夫だろう」と言う油断からこのような失敗をしました。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

chi********さん

2014/7/2320:18:41

スミチオン(乳剤)の適用を「樹木類」とすると、「毛虫」との分類でカエデ・モミジ類は適用は叶いません。(アメシロは未発生と思える時期です。アメシロはカエデに寄生しないと思えます。多分、イラガの仲間と推します)
http://www.greenjapan.co.jp/smichion_n.htm

例えカエデ類で薬害の発生事例が有るにしても、以下の理由と思えます。
1.薬剤の希釈倍率を間違えて、極めて濃度が高かった。大概は適正希釈薬剤が余った時に、二度掛けても問題は発生した事が有りません。
2.日中の高温時間帯に撒布した。気温が下がった夕方に撒布すれば良いのです。
3.極めて若葉であり、薬剤に対する感受性が高かった。柿の若葉にディプテレックス(今は登録抹消)を散布すると、葉に薬害が出る品種が有った。

想像で申し訳ありませんが、用いた薬液の希釈倍率が極めて低く、高濃度であったと推測します。

yke********さん

編集あり2014/7/2318:34:16

もみじにスミチオンですか…やっちゃいましたね。もみじにスミチオン乳剤を使用すると通常よりも高い確率で薬害が発生します。希釈倍数に間違いがなくとも発生するときは発生します。

薬害事例一覧(PDFファイル)
http://www.jppn.ne.jp/tokyo/New_Folder/sisin14pdf/330,010,000%20%E8...

ファイルではカエデ類としかありませんが、もみじはカエデ類です。

meg********さん

2014/7/2315:34:26

スミチオンで薬害を起こすって珍しいですね。ちゃんと1,000倍に希釈しましたか? 薬害の多くは高濃度障害ですから、希釈倍率と共に高温期は温度が高くて蒸発が盛んですから、そんな時を避けて散布するのが常識です。

スミチオンのせいではなくて、あなた自身のせいですよ!

hau********さん

2014/7/2314:41:58

ホームセンターでも手動でスプレー出来る2Lの噴霧器がありますが、その大きさでもキャップ1杯ぐらいで十分な位。

プロフィール画像

カテゴリマスター

bur********さん

2014/7/2313:32:34

スミチオン乳剤の場合は樹木類で希釈率は500倍からなので(アメリカシロヒトリの場合)余程濃くしない限りはここまではいかないでしょうが。。
希釈率は大丈夫でしたか?
といいますか、試し散布してから全面散布しました?

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる