ここから本文です

不易流行とはどういう意味でしょうか?

mas********さん

2007/10/2615:26:40

不易流行とはどういう意味でしょうか?

補足すみませんが読み方も教えて下さい。

閲覧数:
109,461
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bea********さん

編集あり2007/10/2616:19:54

ふえきりゅうこう
不易流行」は俳聖・松尾芭蕉の言葉と伝えられている。俳句はご承知のように十七音という世界一短い詩形であるため、絶えず新しい句材を求め、新しい表現を心がけないと陳腐な類型的な句しか得られない。このように絶えず新しさを追求して行くことが「流行」といわれる中身だ。
 一方「不易」の方は、俳句として存立する不変の条件、例えば五七五の十七音形であるとか季語の存在、「切れ」と呼ばれる「詩」発生装置など、いくつかの原則を不変の鉄則として維持して行こうということだ。
 そしてこの両者は「俳句」という作品のなかで止揚され、「風雅の誠」として根源においては一に帰すべきものという。このように俳句の作法の原則を謳った「不易流行」であるが、実はあらゆる分野にこういう考え方が重要だと思うのだ。在職中からもそうであったが、仕事を離れても老け込まないために「不易」と「流行」を意識して新しいことに挑戦して行こうと思っている。 (【む三四】さんのページより引用)

芭蕉一門の俳風を語った「不易流行其基一也」から引用。不易とは「人の心か社会の隆替まで世の中の森羅万象を司る不変の法則、時をこえた真理」。流行とは「時代性や環境条件により時に法則を打破するさまざまな変化」。しかもこの不易と流行の基はひとつ、不易が流行を、流行が不易を動かす・・・・(サントリー不易流行研究所より引用)

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「不易流行」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

ya1********さん

2007/10/2616:15:53

簡単に言うと、「永遠の姿と変化する姿とは相反するようであるが、元は一つだ」という意味です。芭蕉の俳句について述べた言葉で、向井去来が著した『去来抄』という書物の「蕉門に千歳不易の句,一時流行の句あり。その基は一つなり」から生まれたものといわれています。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる