ここから本文です

ヴィオラのCは高めにチューニングするのでしょうか? パートの先輩から、Cを少し...

lau********さん

2014/7/2506:29:24

ヴィオラのCは高めにチューニングするのでしょうか?
パートの先輩から、Cを少し高めにして欲しいといわれたのですが、少し高めにチューニングするのは普通のことですか?

」で始まるこの質問スレですが、
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1413200312... ベストアンサーは素人目にも間違ってますよね?
故意にこういうことを書いているのですか?
このBA回答者は弦楽器が弾けるのですか?

閲覧数:
165
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

chi********さん

2014/7/2510:16:15

>少し高めにチューニングするのは普通のことですか?
★どのようなチューニングをするのかは、団によって、編成によって違います。例えば、ピアノコンチェルトだと、Gをピアノと違和感が無いように合わせる事が多いと思います。なぜGなのかは、Vn・Va・Vc共通にGがあるからです。

Cを高く、というのは、インハーモニシティーというのがあって、基音よりも倍音の音量が大きくなる音域では、低い音は低くなり勝ちになります。逆に、オクターブ伸長というのがあって、高い音は高めに取るのが気持ち良いのが、人間の耳のとくせいです。そんな理由も合って、Cが低くなりすぎる傾向があるという理由もあると思います。ピアノはどちらも織り込んだ調律をします。
http://piano.s20.xrea.com/mecha/doc03.html
http://www.musica-osaragi.jp/R60/images10/Railsback-curve-00A.jpg

弦楽四重奏では、ヴィオラのCを高く、というよりも五度を狭めに合わせることがあります。具体例を出してご説明しましょう。

G線Aを、A線とのオクターブ(1:2)で取った時と、C線との長六度の和音(3:5)で取った時の音程では、後者の方が低くなります。例えばCFACの和音を弾くときの内声のAやFをヴィオラ・2ndVnが弾くと、矛盾を生じて綺麗に響きません。だから、Cを予め高めに調弦しておく、という考え方です。

>このBA回答者は弦楽器が弾けるのですか?
★ヴァイオリンが弾ける人は、スケールにこだわって、重音では純正律、短音ではピタゴラス律を弾き分ける練習をしているものです。ピアノもスケールの練習(ハノン)ばかりしていますし、管楽器もスケール・分散スケールは練習の基本であることは同様です。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1112838478...
msbg2000102さん 2014/4/3018:50:58
>はずかしくないです。いまどきスケールにこだわっているほうがはずかしいです。
▲こちらにある通り、msbg2000102さんに弾けるといえる楽器は一つもありません。

>故意にこういうことを書いているのですか?
★シッタカするのが、カッコイイとでも思っているんでしょう。

質問した人からのコメント

2014/7/25 20:05:23

まともな方法だと相手にされない輩は必ず、府政に頼ろうとする。長官は参入以来このかた、府政以外の事は何一つしていない。自分で自分に大量ナイスを入れ閲覧数を大幅水増ししても虚しいだけ。リアル人生は終わってるな。
色々な事や手法が具体的且つ克明に分かってきました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる