ここから本文です

簿記に詳しい人おねがいします!この損益の所がなぜか売上原価と同じでした。なぜ...

cge********さん

2014/7/2521:36:43

簿記に詳しい人おねがいします!この損益の所がなぜか売上原価と同じでした。なぜ損益なのに売上原価と同じ何ですか?

補足それとここの部分の繰越商品はなぜ借り方が期首商品で貸方が期末商品になっているのですか?

売上原価,損益,仕入勘定,期首,簿記,貸方,借方

この質問は、男性に回答をリクエストしました。

閲覧数:
44
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

ban********さん

2014/7/2522:26:58

売上原価を仕入勘定で計算する際に

借方)仕入 ××× 貸方)繰越商品 ××× ← 期首商品
借方)繰越商品 ××× 貸方)仕入 ××× ← 期末商品

という仕訳をしています。
この結果、仕入勘定の残高は売上原価を表すものになり、これを損益勘定へ振り替えるという流れです。

借方)損益 ××× 貸方)仕入 ××× ← 売上原価


これらを仕入勘定へ転記すれば質問にある画像のような格好になります。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hap********さん

2014/7/2522:12:41

まず、簿記には
資産科目、負債科目、資本科目、収益科目、費用科目
の5つがあります。

たぶん教科書の最初のページでこういうことは書いてあると思います。

損益というのは、
すべての収益、費用をあつめた科目になります。
したがって仕入は費用科目なので、
損益に集められているのが画像の状態です。
わかりやすく言えば、仕入科目の残高が自動的に
損益となるのです。

もう一つですが、
仕入というのは決算整理前は費用科目ではありません。
仕入というのはものを買っただけです。
会社は通常在庫を持ってます。
期首在庫+仕入れた商品-期末の在庫=売れた商品であり、
売れた商品だけが費用計上として認められるわけです。
この売れた商品が売上原価であり、
仕入勘定で、期首の繰越商品、期末の繰越商品を調整すると、
仕入勘定の金額は売上原価になります。
つまり決算整理後の仕入勘定は売上原価になるので、
仕入勘定の残高から損益に振り替えられる金額は、
当然売上原価と一致します。

kid********さん

リクエストマッチ

2014/7/2522:10:36

仕入勘定で計算しているのは売上原価だからです。


補足の質問は、、、
期首の繰越商品残高を仕入勘定にふって、期末の繰越商品残高を仕入から繰越商品にふっているからです。そのままです。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる