ここから本文です

アルゼンチン、デフォルト目前…30日期限 の記事を何度読んでも意味がわからない...

kap********さん

2014/7/2809:04:09

アルゼンチン、デフォルト目前…30日期限 の記事を何度読んでも意味がわからないのですが・・・

外貨準備高があるのにアルゼンチンがデフォルトってどういうことなのでしょうか。

アルゼンチンではなく、ファンドの方がデフォルトではないのでしょうか。

アルゼンチンは債務を返済する気がないってどういうことなのでしょうか。(闇金から借りたお金は返す必要がないってことなのでしょうか)

わかりやすく教えてください。

閲覧数:
176
回答数:
3
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

da_********さん

2014/7/2809:26:10

アルゼンチンの国債の購入先にヘッジファンドがあります。
闇金ではなく、正規に国債を購入しています。

返せないので、利子の割引、返済期限の延期などを要求しているのです。
しかし、応じてもらえず、全額返済を譲らないので、、、

アルゼンチンのフェルナンデス大統領は債務再編に応じた債権者よりも全額返金を求めるヘッジファンドに多く支払うことになれば、債務再編に応じた債権者からもヘッジファンドと同様の扱いを求められかねず、財政に壊滅的な影響が出る恐れがあると警告しているためです。

質問した人からのコメント

2014/7/28 10:04:46

降参 一番にご回答いただいたのBAにさせていただきます。よくわかりました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

jun********さん

2014/7/2809:43:53

アルゼンチンは返す気がないのではなく、『債務再編』を求めています。『債務再編』とは、『借り手(アルゼンチン)が借金の返済や発行した債券の元利払いが困難になった時、債権者と交渉し返済条件を緩和してもらうことです。支払期限の延長や元本金額の削減、利率の引き下げなどがあります。債権者にとっては【実質的】に債務不履行といえます。』

しかし、アメリカのヘッジファンド・エリオットマネージメント傘下のNMLキャピタル・アウレリウス・キャピタル・マネジメントは、『債務再編』に応じず全額返金を求めている。

アルゼンチンのフェルナンデス大統領は、『債務再編』に応じた債権者よりも全額返金を求めるヘッジファンドに多く支払うことになれば、債務再編に応じた債権者からもヘッジファンドと同様の扱いを求められかねず、財政に壊滅的な影響が出る恐れがある。

それよりは、全額返済できくなる『デフォルト(債務不履行)』を選択するということではないでしょうか?

モルガンスタンレーは、アルゼンチンがデフォルトに陥る可能性は先週の30%から50%に高まったとしているし、国債のアナリストはデフォルト当日にはドル建てアルゼンチン国債が1ドルあたり50セントまで半減する可能性があると警告している。

suk********さん

2014/7/2809:36:43

1500億円を支払わねばならなかった。協議で90%減の150億円でほぼ合意していたが、米国ファンドがその債権を買いあさり満額返済を迫った。
アルゼンチンは約300億円の準備金で乗り切るつもりだったが米国ファンドの要求は無茶、ハゲタカかと突っぱねた。
減額なら払えたからデフォルトは宣言しない、というのがアルゼンチンの立場です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる