ここから本文です

『東電元会長ら3人起訴相当!=津波襲来「可能性を認識」-検察審』2014/07/31 ...

blu********さん

2014/7/3118:43:46

『東電元会長ら3人起訴相当!=津波襲来「可能性を認識」-検察審』2014/07/31


あれだけの事故が起きたのに誰も責任を取らない。
日本は、不正や犯罪を放置する無法国家か?


電力業界と電力会社に蔓延する、不正/癒着/汚職/やらせ/寄付金/隠蔽体質など、なぜ改革しないのか?


安全でないのに再稼働か?
また原発事故を起こす気か?


日本を代表する政治家や経済人は、現状を容認するなら、まさに人として恥ずべき人たちでは?



・・・

『東電元会長ら3人起訴相当=津波襲来「可能性を認識」-福島原発事故で検察審』2014/07/31 時事

「東京電力福島第1原発事故をめぐり、業務上過失致死傷容疑で告訴・告発され、不起訴処分となった勝俣恒久元会長をはじめとする東電旧経営陣3人について、東京第5検察審査会は31日までに、起訴すべきだとする起訴相当の議決をした。また、元常務1人について不起訴不当とした。議決は23日付。

他に起訴相当とされたのは、武藤栄、武黒一郎両元副社長。今後、東京地検が再捜査し、改めて処分を決める。再び不起訴となっても、起訴相当の3人については、検審が2回目の審査で起訴すべきだと議決すれば、検察官役の指定弁護士により強制起訴される。

検審は議決理由で、3人が福島第1原発に最大15メートル超の高さの津波が押し寄せる可能性があるとの報告を受けていたと指摘。勝俣元会長について「津波の影響を知りうる立場・状況にあり、当時の最高責任者として、各部署に適切な対応策を取らせることができた」と述べた。元副社長の2人についても、当時の立場を踏まえた上で、「適切な措置を指示し、結果を回避することができた」と判断した。」



・・・

『原発は国家ぐるみの粉飾決算!=吉原・城南信金理事長』2014/4/18 ロイター

「原発のコストの方が低いという人で、いやしくもビジネスマンや経済に携わる者ならば、会計の原則ぐらい勉強していただきたい。コスト計算には、直接原価と間接原価があり、そこで総合原価計算が行われる。原発は、今あるウランを使うだけならば直接原価は低い」

「では、その結果の間接原価はどうなのか。将来の廃炉費用や、使用済み核燃料の保管料や処理費用、工事費や人件費、地代がカウントされているのか。カウントされていない。われわれは今、時価会計で、将来に発生するキャッシュフローをすべて現在価値化し、負債計上している。原発にはそれが入っていない」

「1回事故が発生したら、天文学的なコストがかかる。貸し倒れ引当金の積み立ての考え方を入れれば、とんでもない引き当てを積まなければならない。これは、不採算というのではないか。国家ぐるみの壮大な粉飾決算だ」



・・・

◆川内原発ちっとも安全になっていない。

①「免震重要棟」が無い

②「フィルターベント」が無い

③実効性のある「避難計画」が無い!そもそも避難計画が審査対象になっていない!

④事故発生時、放射能を恐れずに命をかけて対策に従事する部隊/組織が決まっていない

⑤火山対策は予知が前提だが、専門家は予知は不可能としている
たとえ予知できても、稼働中の原子炉内の核燃料棒を安全な場所に移すためには数年間必要で間に合わない

⑥火山の爆発や火砕流などの直接の影響だけでなく、火山灰が電線に降り積もっただけでショートし外部電源は全て喪失する。道路や線路に積もれば車も電車も動けない

⑦耐震性は620ガルにするが、実際の近年の日本の地震では2000~4000ガルがいくつも起きている。それも無いはずの未知の活断層が動いて。
現在の人類の科学では、地下数kmの活断層の有無を判別することは不可能

⑧稼働すれば発生する核廃棄物の
処理/管理方法もそれに必要なコストもわからず、原発事業の採算性を計算していない
ならば事業は即時凍結or廃止すべき。そのコストは当初燃料費の数千倍?になる可能性あり

⑨核廃棄物は人類史上最悪の環境汚染物質。最終処理方法が決まらないなら、生産(原発の稼働)は禁止すべき

⑩津波は6m高さ想定だがそれで本当に大丈夫か?
世界一の絶対安全だったはずの田老町の防潮堤は簡単に破壊された
南海トラフの津波は、四国では40m以上、遠くのフィリピンでも8m高さになる

⑪PWRは、BWRより安全というのはウソ!
「加圧水型原子炉」PWRは、「沸騰水型原子炉」BWRよりも格納容器が大きくて安全というのは大嘘
PWRは1次と2次で冷却水を分けているため、冷却用配管の量がすさまじく多い
地震で配管のひび割れが起きる確率が格段に高い!
それなのに耐震性能は620ガルしかない
福島原発事故で起きた、制御用配管が動作せず問題の原因は、配管のひび割れと予測される

⑫「コアキャッチャー」も無い

⑬安全を判断し責任を持つ人も組織も存在しない!
安倍首相;「規制委員会が安全と判断した原発を再稼働する」
原子力規制委員長;「規制委員会は、安全を担保しないし、安全を判断しない。」




粉飾決算,不起訴,起訴相当,議決,コスト,吉井英勝,安倍晋三

閲覧数:
69
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

c20********さん

2014/8/603:45:32

一番↓、煩い!

東電の連中だけで無く、主犯の安倍晋三と甘利明他の原発推進政治業者を含む以下の様な政財官学暴似非右翼マスコミ等から成る【原発マヒィア】の一味をすべからく【原発犯罪人】として捕縛して、死刑を含む厳罰に処するべきと思うのであります。

【 福島第一原発事故で東日本全域を壊滅させた主犯は2006年12月13日当時の内閣総理大臣の安倍晋三と主務大臣たる経済産業大臣の甘利明、死刑ではヌルいので全世界に生中継付きの公開○刑にすべき

1-4
Q(吉井英勝):海外では二重のバックアップ電源を喪失した事故もあるが日本は大丈夫なのかA(安倍晋三):海外とは原発の構造が違う。日本の原発で同様の事態が発生するとは考えられない1-6
Q(吉井英勝):冷却系が完全に沈黙した場合の復旧シナリオは考えてあるのかA(安倍晋三):そうならないよう万全の態勢を整えているので復旧シナリオは考えていない1-7
Q(吉井英勝):冷却に失敗し各燃料棒が焼損した場合の復旧シナリオは考えてあるのかA(安倍晋三):そうならないよう万全の態勢を整えているので復旧シナリオは考えていない2-1
Q(吉井英勝):原子炉が破壊し放射性物質が拡散した場合の被害予測や復旧シナリオは考えてあるのかA(安倍晋三):そうならないよう万全の態勢を整えているので復旧シナリオは考えていない
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon...
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon...

http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n162857 (下半分に、原発犯罪人のURL)

(1) 以上の様な【原発犯罪人】は【原発マヒィア】として、【電力モンスター・システム】により不正利得を得ると共に福島第一原発事故を故意に発生させており、【業務上過失致死傷罪】と言う軽い罪では無く、被曝健康被害や被曝死の大量に上る事に鑑みて【殺人罪、殺人未遂罪、傷害致死傷罪、傷害罪、内乱罪】等の刑法犯に組織的犯罪処罰法、破壊活動防止法等も併科すべきで、最高刑は死刑であります。
政治業者、とりわけ2006年12月13日当時の内閣総理大臣、閣僚は死刑が当然に適用されるべきであり、【検察審査会】の2回の議決により【強制起訴】して晒し者にすべきで、斯様な国賊共を纏めて始末出来る機会を国民は最大限に活かすべきと思うのであります。
菅直人に関しては、事故への対応に自民党と通謀する御用学者や官僚どもの邪魔立てが【水棺処理】を許した事は【未必の故意】は認められず、福島第一原発事故の原因を創った自民党に全責任を負わせるのが相当(福島県知事の佐藤雄平、渡部恒三は例外)と思うのであります。
その後の野田佳彦と安倍晋三による対応の不手際により、福島第一原発事故は3年以上を経ても現在進行形で悪化の一途を辿っており、特に事故を故意に発生させた安倍晋三に付いては、他の全ての【原発犯罪人】の内で絞○刑では無い超法規的な手法により執行されるべきと思うのであります。
(2) ドバイ逃亡中の勝俣恒久(東電女性幹部社員事件でも立件すべき)に付いては「巨大津波の発生し得る事を知る絶対権力者」で在ったし、武藤栄と武黒一郎(当時はフェロー)に付いては副社長経験者で当然に強制起訴すべきでありますが、当時の社長でハワイ逃亡中の清水正孝も東電の最高責任者として罪を免れる事は許され無いモノと思うのであります。
(結び)「原子力規制委員会は、安全性や避難計画を審査する組織では無く、「新規制基準」による適合性審査への合格が、安全を担保するモノでは無い」が相当で在り、「規制委員会が安全と判断する権限は無い事」は明白で在り、安倍晋三一味が性懲りも無く川内原発等を稼働させる決定を行えば、福島第一原発事故の主犯としての罪に、【殺人予備罪、内乱予備罪】が加わり、再び事故が発生すれば【故意に発生】させた事は明白で、何度死刑にしても足り無い事を言明するモノであります。

一番↓、煩い!...

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hon********さん

2014/8/715:38:15

役人全員だろ。
相変わらずアホ法曹界。

new********さん

2014/7/3121:40:53

私は、かつてチェルノブイリ原発事故直後に、通産省と東電に質問と提案をしたことがありました。

地質学者と国と東電が協力し、原発がある場所付近の過去2000年分の津波の痕跡を全国調査し、津波と地震の大きさを推定し、対策を講じるべきではないか?と。

もう一つ、全ての電源が停止したら原発はどうなってしまうのか?と質問しました。

すると「あり得ない話をされても返答に困ります。」と回答されました。

人が造るもの、完全などあり得ないのだから、庶民の話をヒントとして受け入れ、安全対策を見直す体制を整えておくことは大切だと思いました。

聞き入れてくれなかった国と旧経営陣には重大な責任があると思います。

調査の結果に基づき、津波や耐震、無停電の準備を済ませてあれば、特定廃棄物の最終処分や何百年も掛かる汚染水処理や廃炉作業で苦しむことは無かったと思います。

new_artcreativeman

yus********さん

2014/7/3119:13:23

東電幹部が起訴されるのはいいとして、個人的には他にも起訴されるべき人はいっぱいいると思いますけどね。
津波で1万数千人の犠牲者が出ているということは、東電以外でも津波対策が不十分なところがあったということです。

津波で亡くなった方々は天災だから仕方が無いとかいうと、原発事故も天災だから仕方が無いということになります。

ali********さん

2014/7/3118:58:16

政治家、取り分け、内閣総理大臣や、内閣の閣僚が個別の刑事事件として告発されている事案について、何か述べることの方が不適切でしょうね。
だからといって、それは、刑事責任を追及できないと検察が一旦判断したことを「容認した」訳でも何でもないと思いますがね。

検察は、公判を維持できるかを考え、検審は「かくあるべき」と考えますから、検察が結論を出すでしょうが、例え、検察が再び不起訴処分としても、検審が「起訴相当」と再度議決する可能性が高いと思いますね。

そうなって、ちゃんと東電の経営陣の刑事裁判が行われ、その中で、福島第一原発の事故がどういうものであったのかを、菅直人なども含め法廷に呼んで、徹底的に明らかにすべきでしょうね。

検審議決通り、「起訴相当」がいいと私も思いますよ。

新設はしないが、今ある安全と判断できる原発は再稼働すべきと考えてはいてもね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる