ここから本文です

集団的自衛権行使に反対の方々に質問です。 反対の理由に他国の戦争に巻き込まれ...

t_k********さん

2014/8/403:01:25

集団的自衛権行使に反対の方々に質問です。
反対の理由に他国の戦争に巻き込まれるからが多いですよね。
確かに他国の戦争に巻き込まれる可能性は行使不可よりは高まります。

他国と言っても単刀直入に言えばアメリカの戦争にですけど。
戦闘行為に参加せず後方支援だけでもリスクはあります。
テロのターゲットにされる可能性が高まるからです。
そんなことはわかってるのです。
それでも支持するのです。
若い世代は敗戦を引きずった考え方にうんざりしてるのです。
反日国にイチャモンつけられても日本が我慢すれば丸く収まる。
そんな考えで対応してきたから舐められてんですよ。
やられたらやり返すという当たり前の国にしたいのです。
その為の一歩だと思えばプラス面で行使容認を支持します。
左巻きの実質反日売国奴共のせいで舐められ続けた戦後の日本。
そのツケをようやく日本は清算しようとしてるんですよ。
だから淘汰されてくのみの左巻きの方々は諦めてください。
残念ですが左巻き時代は終わったのです。
これからは右巻きの時代なんです。
そして歴史ってのは繰り返されるものなのです。
今度は勝ち組側に入れば良いのです。
若い世代のほうがよっぽど日本のことを真剣に考えてますよ。

閲覧数:
122
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

can********さん

2014/8/409:22:31

賛成なのでちょっと回答者としては不適格なのですが

集団的自衛権って、真の目的は『環中国諸国との連携により、中国の横暴を抑止する事』でしょう。
もし馬鹿正直に「中国が横暴の限りを尽くしているので、集団的自衛権を行使し、周辺諸国と同盟・協力する事で中国を抑え込みます」と言おうものなら、中国とその属国たる韓国が異常反応し、それに呼応して『獅子身中の虫』たる在日、極左たちがある事ない事喚き立てて徹底的に潰しに立ち上がるでしょう。
だからあえて政府も『アメリカの~』と目をそらさせているのです。

中国の帝国主義による周辺国への侵略と略奪は現在進行形です。平気で他国を蹂躙し、虐殺し、中国人を大量移民させ『民族浄化』を実行しています。周辺国は資源も土地も人民も略奪の危機に瀕しているのです。そして、韓国も中国の手先としてうまく取り込もうとされています(韓国人は気が付いてもいないが・・)。
今中国に隣接する各国は団結する事で侵略を控えさせるしかない状況。各国が個別に当たっていたのではチベットやウイグルの二の舞になり、中国が国連の常任理事国になっちゃうような国際機関しかないような今の世界では、一度常任理事国に蹂躙されるともう国際的にも奪還という事は至難の業になっちゃうんですよ。だからこそ必要なのが『同盟』でしょう。

今までの日本であれば、『あなたがやられていても助けにいけないよ。でも俺がやられたら助けに来てね』と言っているようなものですから、他国は日本と同盟を組むメリットがほとんどないわけです。ところが、集団的自衛権を持てば『攻撃にさらされた時には互いに助けあおう』となるわけで、中国は同盟連合国家に下手に手を出せなくなる。中国の周りの国が連合を組もうという流れの中、集団的自衛権を持たなければ、中国は『孤立した日本を集中して狙う事になる』のは目に見えています。
『他国の戦争に巻き込まれる』どころか『自国が狙われ、周辺国の協力も得にくい』という事体になります。

左翼連中は中韓の先鋒ですので、そりゃ自分たちに不利になるようなことは反対しますよ。日本が脱中国・脱韓国を進めてしまえば、それだけでも大ダメージなのに、今まで自分たちが受けていた支援や協力を同盟を組んだ周辺国にシフトされて、他国に手を出そうものなら世界屈指の練度の自衛隊が敵の守備につくなんて事になれば、中国にとって百害あって一利なしでしょう。

  • この返信は取り消されました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2014/8/5 01:19:03

全く同感です。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

sia********さん

2014/8/404:29:49

↓アホクサ・・・
集団的自衛権=戦争みたいな感覚はどこから来るの?

集団的自衛権の無い国は世界でたった一つ 日本だけだった。

日本が平和宣言すれば世界中平和になるのか?
ウィグル・モンゴル・チベットで行った虐殺数は1000万人を超える。
こんなキチガイみたいな国が隣国にあるのに
手を上げたら平和になるのか?
1000万人の虐殺者は手を上げなかったのか?

人肉メニュー
◾「臠」:生肉をスライスして食べる、刺し身。「凌遅刑」という刑で食べられた。
◾「脯」:干物。刑罰として用いられることが多い。
◾「羹」:肉鍋。
◾「醢」:塩辛。干して麹を混ぜ上 等の酒に漬けて密封して100日で出来上がり。孔子の高弟、子路が醢にされた。孔子の好物でもあり弟子を殺されて以降は食べなくなったといわれる。
◾「炙」:人肉のバーベキュー(『韓非子』より)。
◾「腊」:乾し人肉
◾「血饅頭」:饅頭に罪人の血を浸し、市民に販売した。1860年頃。
北京西郊で罪人を処刑した時、鄶刀手(首切り屋)はその斬り首より噴出する鮮血に饅頭(マントウ)を漬し、血饅頭と名つけて市民に販売した。
「千八百六十五年の頃、北京西郊で罪人を処刑した時、鄶刀手(首切り屋)はその斬り首より噴出する鮮血に饅頭(マントウ)を漬し、血饅頭と名つけて市民に販売したという。」
(Peking and the Pekingese. Vol. II, pp. 243-244)これもまさに魯迅が『薬』で描くところの伝統的風習です。大日本帝国に留学した女性革命家・秋瑾も犠牲となった。
◾「塩屍」:人間の塩漬(『唐書』秦宗権伝より)
◾「嬰児の水餃子」:正式名称は不明。嬰児の肉をミンチにした水餃子。
◾「嬰児のスープ」:正式名称は不明。嬰児湯とも呼ばれる。2004年、遼寧省でのニュースで確認されている。


それとも日本人は皆食われてしまうのが良いのか?

hkb********さん

2014/8/403:35:39

歴史は繰り返される。
つまり、日本は過去の戦争から何も学ばず、戦争を繰り返し、何の意味もない無駄な犠牲をたくさん出すわけですね。

私は、友人・知人に現役の軍人や元軍人が大勢います。
自衛隊員の知り合いも数名います。
私自身軍関係者ではありませんが、海外で戦争(内戦)というものがどんなものか経験したことがあります。
戦争で使う、人を殺すための銃器がどれほどの物なのか、実際にその国で使用したことがあります。

私の友人はある国の海兵隊に所属していましたが、退役直後、配属されていた基地が攻撃を受けて後輩が数名死にました。

日本とアメリカのハーフの友人が米軍に所属していましたが、中東に派兵され、実際に戦闘を経験し無事帰ってきましたが、戦場で味わった極度の緊張状態による精神的苦痛で性格が変貌し、愛する家族さえも傷つけてしまい、今現在日本でカウンセリングを受けていますが心を閉ざしてしまっています。
彼の同じ小隊の友人たち数名も無傷で国に帰りましたが、彼以外全員が自殺したそうです。

ベトナム帰還兵のアメリカ軍人も20万人が自殺しています。

自衛隊もイラクでは誰1人として命を落とすことはありませんでしたが、日本に帰ってきて28人の隊員が自殺したそうです。
自殺していない隊員も、性格が豹変した人が多いらしいです。

それが戦争です。
戦争というものは人を変えてしまいます。
ハエ1匹ですら殺せなかった人間が、戦場で気が狂い、大量殺戮をすることもあります。
平和ボケした日本でぬくぬくと暮らしてきた人間にその現実が理解できるとは思いません。
私の友人の一人が、中東での出来事を『あと一歩左に立ってたら頭を撃たれて死んでいた』と笑いながら話しますが、一人でいるときはいつも暗い顔でうつむき、涙を流しています。

考えてみてください。あなたの家族・友人・愛する人が戦争で死んだら、だれが責任を取るんですか?
この日本がお金をくれますか?
お金をもらえば生き返りますか?
死ねば、それで終わりです。

私は、どんな人間でも一度戦争というものを経験すれば100%反対派になると確信を持って言えます。
日本に住んでいる人たちはどれだけ悲惨なのかわかっていないんです。映画やドラマのようにはならないんです。

確かに集団的自衛権にはプラス面もあります。
しかし、マイナス面が圧倒的に多すぎるのです。

日本が我慢すれば丸く収まる。
だったら丸く収めればいいじゃないですか。
多くの人たちの犠牲無しに丸く収まるなら、舐められていてもいいじゃないですか。
こっちが大人の対応をすればいいんです。

fuk********さん

2014/8/403:28:18

前略

何故、紛争がなくならない基準に執着する主張がなくならないのか不思議です。
平和を実現して来た『日本国憲法』9条を全世界の標準的規範にすべきです。

毎日新聞(6/20)社説:視点 集団的自衛権「普通の国」論
◇「特殊な国」ではダメか
[中略]

―第一に、「大東亜戦争の遺産」(故上山春平京大名誉教授)を失う。上山氏は9条成立の背景を、大西洋憲章(41年)、ポツダム宣言(45年)、極東委員会対日管理政策(47年)という非戦モラルの高い国際的協定と300万人の犠牲者を出した日本国民の選択(国会議決)という極めて特殊な状況下で作成された国際的文書と位置づけた。

[中略]

―第二に、この規範力は節目にその役目を果たし日本を武力行使の誘惑から救ってきた。湾岸戦争だけではない。99年周辺事態法での後方支援への限定、2003年イラク特措法の非戦闘地域限定しかり、である。

―遺産という古くて新しい視点。国民の血税である経済支援が本当に評価されなかったのかという検証。加えて外交能力の向上など別手法での対応がまだ考えつくされたわけではない。これで特殊な国としての生き様を捨てるのはいかにも惜しい。
(論説委員・倉重篤郎)

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる