モンハン4のガードランスについてです

モンスターハンター176閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

ThanksImg質問者からのお礼コメント

回答していただいたみなさんありがとうございます 練習相手にグラビでやってみます 細かく教えていただきありがとうございました

お礼日時:2014/8/7 18:07

その他の回答(2件)

ガードランサーと言うからにはしっかりとガードスキルを固める事が重要ですので、ガード性能は必須と言ってもいい重要なスキルとなり、+2まで発動させればノックバックや削りダメージを気にする場面もあまりないでしょう。 ガード強化はビームやガスといった類のガード不可攻撃をガードできるようになりますので、ラージャンやグラビモスなどが持つそれらの攻撃にも安心して対処できるようになりますが、不必要な相手も多いので何でもかんでも付けておけばいいというわけでもありません。 ガードができる事や、連続3回までステップできる事でスタミナの消費が激しくなりがちなので、それらをカバーする為にスタミナ急速回復や体術があると「スタミナを削りきられてガードができずに被弾」なんて事もなくなるので安心です。(強走薬で代用可) また、ランスは片手剣や双剣ほどではないにしろ手数武器になりますので、切れ味対策もしてあると良いでしょうが、ガードスキルに偏重するとどうしても斬れ味+1や業物が重くなりがちなので注意が必要です。 ガードランサーでの立ち回りで重要なのはガード突進からの盾攻撃派生とカウンター突きですが、ここでノックバック(ガードによるのけぞり)をしてしまうとスムーズに攻撃へ移行できない為、ガード性能スキルが必要になるわけです。 また、相手モンスターの攻撃の見極めも重要で「どの攻撃ならカウンターを取れるか」というのを常に考えなければならないので、対峙するモンスターに対しての知識が問われます。 カウンターを狙う際に一番注意したいのは、攻撃判定が連続して発生する場合なのですが、例えばシャガルの倒れ込みは攻撃の後にすぐさま振動が発生するので、倒れ込みにカウンターを合わせると振動に直撃して無防備になりますし、テオの爆破粉塵纏い引っ掻きも同じ事が起こりますので、そういったケースではガードを固めておきましょう。 PT戦で厄介なのが、メインとして使う攻撃方法にスーパーアーマー効果が付与されない為、他プレイヤーの攻撃で転ばされやすいという点が挙げられ、特に太刀などの広範囲に及ぶ攻撃を持つ武器とは相性が悪いとされているので、私自身は太刀使いですが、ランサーがいる際には太刀を使わない事も多いです。 逆にこちらの攻撃であまり気を遣う物はないですが、突進の吹っ飛ばし効果だけは無視できず、他プレイヤーを追いかけて遠くに行ったモンスターを追撃する為に突進、ってな事をやりすぎると確実に誰かを吹っ飛ばしますのでお気をつけ下さい。

ガードランスとはガードランサーの事でしょうか? これから話す立ち回りは僕なりの意見です、他の人と違う場合もあります、ガードを基本として立ち回る場合はカウンターを多用します。 モンスターの密着し、弱点部位を突きながらカウンター…との流れをひたすら繰り返します。 連続攻撃は、盾攻撃→中段突き1→中段突き2→中段突き3、をメインに使うことになります。 おすすめのスキルはガード性能+、ガード強化、回避性能+、体術、スタミナ急速回復などなど。 ガードランサーだからと言って受けの姿勢をしてはいけません、ランサーは手数で攻めなきゃ意味がないのでカウンターを有効活用しましょう。 ランスは非常に抜刀が遅い武器です、モンスターがフィールドにいる状態では常に接近し武器を納刀状態には出来る限りしない事が大事です。 しかし遠い距離までモンスターと離れてしまった場合は大人しく納刀しましょう。