ここから本文です

消費電力について よくトイレ等、点灯時間が短く、点けたり消したりするものは白...

pch********さん

2007/11/1319:29:54

消費電力について
よくトイレ等、点灯時間が短く、点けたり消したりするものは白熱灯がお得で、
長時間点けるものは電球形蛍光灯がお得。と伺います。
なぜなのかを詳しく知りたいです。

閲覧数:
1,580
回答数:
4
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

[中]さん

編集あり2007/11/1405:04:50

回答は前の方の書いているのが詳しいし、得になる理由もちゃんと書かれています。
質問文の通りの使い分けで、普通に得になりますから。

白熱電球はたいへん安いので、
同じ取り付け器具の所をボール型蛍光灯に置き換えると、蛍光灯の値段が高いわけです。

しかし、白熱電球は効率が悪くて、消費電力が大きくても暗くなっています。光にならない無駄な熱を持ちます。
蛍光灯に換えると、同じくらいの明るさの場所でも、消費電力を半分とか1/3などに減らせます。

タマの値段(電球か蛍光灯か)と、消費電力をトータルで計算したりしているわけです。

昔の建物で、廊下などが電球を並べていた照明だった場合は、
ボール型蛍光灯に付け替えるだけで、ずいぶんと電気代が減ってくるわけです。
トイレのような場合は、点滅繰り返しで、すぐ蛍光灯が明るくならなかったり、点滅で寿命が減ったりする影響が、
以前は問題になっていました。

最近では、新しい、LED(発光ダイオードのような半導体の明かり)を使った小さな電球型の器具が出ていて、
蛍光灯同様か、それより小さい電力でも明るく光るようになってきています。

高級な乗用車のヘッドライトがLEDに変わってきていますし、車の後ろの赤いランプはLEDがかなり増えています。

LEDの器具は、まだまだ出始めで高価ですが、消費電力が小さくても発光効率が良くて明るく光りますし、
蛍光灯や電球と違って、点滅を繰り返しても寿命が減ったり痛んだりすることも少なくてすみます。
トータルの値段が得になるかどうかまでは、まだ微妙なところですが。
蛍光灯より優れたLEDが出てくれば、世の中の大半の明かりはLED化もできるでしょう。

最近のLED照明の技術は、ノーベル賞を授賞して、今はアメリカで大学の教授をしている中村先生の研究などの成果です。

電気店でよく見せてもらえば、小さな照明器具だとLEDのも探せます。
小型の懐中電灯のようなのだと、今はLEDのが一番性能が良いものが買えます。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

takoな爺さん

2007/11/1415:45:47

さすがは高Lvの回答者さん。全く同意します。
で、takoな私としてもう一言付け加えれば、

全くの開発段階なのですが、半導体レーザーのエネルギー変換効率はLEDのそれを凌ぐそうです。
でも単波長(=単色)の発光なので、紫外線を発光させ、それを蛍光灯に使われている紫外線による蛍光物質によって
好きな波長(=色)に変換させる技術が研究中であるとCATVの番組で聞いた記憶があります。

普及の最大の条件は、導入時のイニシャルコストと寿命・経年変化・変換効率による経済性なので、
優秀な省エネ製品に関しては、消費税を低減するなどの政策も考えられます。
今後の動向が楽しみですね^^
少しづつでは有りますが、確実な進歩の兆しが見え初めて、嬉しいです^^

BAはご遠慮致します。

ya_********さん

2007/11/1321:56:50

以下は
http://www.yasuienv.net/FluoroDenkyu.htm
からの抜粋です。

昨年の省エネ大賞 省エネセンター会長賞を受賞したパルックボールプレミアなどがそれで、60型の電球54Wの消費電力に対して、とうとう10W。寿命も10000時間。当然、3種類の光の種類がある。

点灯回数も3万回は可能。

電球型蛍光灯は、インバーターを使った高周波点灯なので、安定器が無いタイプだと思えばよい。となると、点灯回数が寿命に影響するということは考えなくて良さそう。

点灯時には、グローランプというものが動作して、フィラメントを加熱していた。だから、その分の消費電力が余分にあった。最近の電球型蛍光灯は、高周波点灯になっていて、一瞬、フィラメントに電流を流すだけ。ただ、あんな小さな図体の割りには、そのときの電流値は相当高いらしい。フラッシュ電流は20AにもなるというWeb情報もあった。しかし、本当に一瞬らしいので、消費電力への悪影響を考えるまでもないようだ。

点灯直後の明るさも改善したとか。

費用的に見ると、点灯時間が1日0.3時間、まあ20分ぐらいのところが境目になって、それ以下の場合には、白熱電球が良さそう。

ゴミの発生量は、1日3時間点灯が境界で、それ以下なら、白熱電球の方が優れている。

mon********さん

2007/11/1319:35:26

蛍光灯は点灯、消灯を頻繁に繰り返すと、劣化が激しいと言われるからです。また、明るさが蛍光灯は点灯直後は弱く、時間と共に明るくなる性質をもっています。しかし、最近は電球型が普及したことから、トイレ、廊下等にも経済的な蛍光灯を点けるようになってきています。わたしはそのようにしています。白熱灯は殆ど使っていません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる