ここから本文です

オーロラ観賞でイエローナイフとフィンランド イエローナイフとフィンランドで...

nar********さん

2014/8/2705:22:08

オーロラ観賞でイエローナイフとフィンランド

イエローナイフとフィンランドでオーロラ観賞したことある方に質問です
来年10月にオーロラ観賞に行こうと思いますが、今年のツアーを参考にす

るとどちらも21~25万と同じくらいです。イエローナイフは2回か3回乗り継ぎがあり、フィンランドは1回乗り継ぎのようです。
肝心のオーロラ観賞できる確立は同じくらいのようです
乗り継ぎの具合、現地の様子、観賞不可能時の過ごし方、など、どちらがお勧めか教えてください
イエローナイフの3回乗り継ぎは1ヶ所は約8時間待ち、次が50分くらいとスゴくタイトなようですが…

閲覧数:
750
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

for********さん

2014/8/2712:31:58

2013年3月フィンランドで、今年3月イエローナイフでオーロラを見ました
これ以外スウェーデンやアラスカなど過去5回ほどオーロラを見た経験があります

1.オーロラを見るために

まず10月とのことですが上記2箇所とも晴天の日が少なく見られる確率は悪いでしょう
もし時期を選べるのであれば9月あるいは2、3月が確率的には有利です

なお過去の成績(オーロラが見えたかどうか)が以下のリンクにありますので参考にされると良いでしょう

イエローナイフ・・・http://www.aurora-tour.com/Aurora_info_main.html
北欧・・・・・・・・http://www.nordic.co.jp/guide_theme/aurora/a_c/

またイエローナイフはオーロラが発生するオーロラ・オーバル直下なので真上近くに見えますがフィンランドのロバニエミなどは離れているため発生しても地平線近くのため視界が遮られて見えない恐れがあります
このためなるべく極北のイナリ湖畔などをお勧めします。フィンランドではサーリセルカなどが有名ですが街の灯りを避けてツアーバスはイナリ湖畔まで行くようです

2.乗り継ぎ

イエローナイフの欠点は2回乗り継ぎでしたが現在成田からカルガリー直行便が週3回就航しています(私はこれを往復利用しました)
これを利用するとカルガリー乗り継ぎ1回でイエローナイフに快適に着けます

大手旅行社のツアーにはありませんが下記のようの直行便利用ツアーもあります
http://www.tictravel.co.jp/romantic/yellowknife/summer/syn1_2014new...

3.観賞不可能時の過ごし方

これはイエローナイフの方が上手です。専用観測施設オーロラビレッジには「ここは外国か?」と思うほど日本人で溢れており、もちろん言葉の問題もありません
またオーロラが出ていなくてもいろいろなアトラクションで楽しませてくれます(もちろんタダではありませんが、、、)

4.現地の様子

いずれの地区も治安上の心配はなく安心して過ごせます。北欧は帰路に寄り道してヨーロッパの街歩きを楽しめるのが最大の利点だと思います

よく検討されて良いオーロラを!

下の写真は今年3月に撮ったイエローナイフのオーロラです

2013年3月フィンランドで、今年3月イエローナイフでオーロラを見ました...

質問した人からのコメント

2014/8/31 14:29:37

ご解答いただいた4名の方全員にBAさしあげたいくらい、丁寧に解説いただいて、ホントに感謝いたします
職場の規定で夏季休養は6~10月にとるようになってます。皆様のご解答を参考に9月、イエローナイフにしようと思います
いい旅行会社を紹介していただいたこの方をBAにしたいと思います
ホントに皆様、ありがとうございました

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

yak********さん

2014/8/2714:31:16

どちらが見られるかと言うと圧倒的にイエローナイフです。
晴天率が高いからです。
ただ、10月から11月に掛けては話は別です。
イエローナイフはその時期かなり気候が悪くなり、オーロラ
も見られなくなるため、有名なオーロラヴィレッジも10/7
から11/20までは、閉館です。

10月に行くのであれば、見られないことも覚悟してフィンランド、
どうしても見たければ、10月、11月を外して、イエローナイフが
いいと思います。
イエローナイフは3日いれば、まずオーロラに遭遇できるようです。
こたつに入って見ることができます。

また鑑賞不可能な時でも、日本人観光客が多いこともあって、
あまり言葉に不自由することもなく、いろいろなアクティビティー
が用意されています。

イエローナイフにしろ、フィンランドにしろ、晩秋から冬は、極夜
と言って、太陽が昇らない時期(白夜の逆です)です。
1日のうちで、夜明けぐらい明るくなる時間が数時間あるだけで
後は夜です。あまりオーロラ以外のアクティビティーは期待しない
方がいいです。

adv********さん

2014/8/2714:17:59

費用の面や乗り継ぎ回数など検討する必要はありますが、やはりオーロラを見ることを最優先にするとなると、晴天率が一番重要になってくるかと思います。

そして、夏と冬を比べると、北極圏では8月末からオーロラを見ることができるのですが、やはりこの時期は冬に比べて雲が出る可能性が高く、またイエローナイフやアラスカでも冬は快晴続きの無風に対して、夏は晴れても風が強い日があるので、せっかくオーロラが出て写真を撮ってもカメラのブレを抑えるのに苦労することもあります。

また、私は行ったことないですが、冬のフィンランドへオーロラを見に行かれた方の話では、やはり北欧は冬でも雲が出る日が多く、そういう点では一番オーロラを見るのに適しているのは、アラスカやカナダの内陸ということでした。

本当にアラスカやカナダの内陸は2,3月になると、一ヶ月で雲が出るのは数日程度ということもあるほどで、あまりの快晴続きに今日は曇っているから諦めて寝ようなんてことができず、深夜のオーロラ観賞が段々体力勝負になってくるほどです。

冬は寒すぎて無理と思われるかもしれませんが、日本で想像する気温より無風ということもあって暖かく、それなりに防寒対策されていれば、15分外に出て屋内に戻って暖を取ってまた外にということを繰り返すことができます。
ブーツと手袋さえしっかりした物を現地でも調達されると、あとは日本で使っているダウンジャケットの重ね着などで何とかなると思います。

オーロラが出ていない曇りの日などは、ゆっくり休まれた方が良いと思いますよ。
夜はオーロラ観賞、昼は昼でアクティビティをフルで楽しんでいると、段々最終日辺りに体調を崩して来ますから。

イエローナイフの乗り継ぎが3回で時間的にかかるということであれば、アラスカのフェアバンクスなどは、シアトルで一回乗り継ぐだけで行くことも可能なので、アラスカも検討されてはどうでしょうか。
また、10月よりも天候が安定している冬の方が良いように思います。

pin********さん

2014/8/2710:09:50

私はイエローナイフへ行きました。

乗り継ぎが悪いようですね、ならフィンランドの方が良いでしょう。
何故なら日数も1週間前後ですよね、それでその乗り継ぎは無駄です。

見れる確率が同じなら、私は迷わずフィンランドにします。

ちなみに私はイエローナイフに7泊しました。
結局一番すごいオーロラは初日でした。
こればかりは運ですね。
オーロラと言っても程度があって、一番簡単なのはうっすら緑が見える程度で、すごいのは赤、黄、緑と色が変わる、カーテンのように揺れるというものです。私は初日に見れました。

3,4日いればたいてい見れると言いますが、すごいのはなかなか見れません。程度の簡単なのは3,4日いれば確かに見れます。

乗り継ぎの具合

個人なら町へ出るとかできますが、ツアーなら空港でひたすら待つということになるでしょう。

現地の様子

マイナス30度でした、防寒具を借りないと外歩けません。
私はケチって日本の冬服でトライしたら、無理で借りました。

観賞不可能時の過ごし方

夜なので寝るくらい、あとは飲む。その程度でしょう。


良いのが見れると良いですね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる