ここから本文です

300万円,投信信託に7年間預けて,2ヶ月に1回約19000円の配当をもらい続けまし...

nto********さん

2014/8/2917:39:22

300万円,投信信託に7年間預けて,2ヶ月に1回約19000円の配当をもらい続けました。1口
1万円で当初買い,それが最近10408円になったので,売却しました。

ところが,0.003パーセントの手数料を取られ,311300円程度かえってくるはずのものが,税金を91800円も取られ,利息分は22000円程度しか利益分はでませんでした。どうしてこんなに税金を取られるの?。
それとも,証券会社が不正をしている?。もし当初買っていた1万円より値下がりしてたら,本当に大赤字。「もうだまされないぞ!証券会社の人に」。という気持ちでいます。「うまい話には気をつけろ!」です。こつこつ貯めたお金。もうこんな話には乗らない。反省してます。投資信託の仕組みを素人にわかりやすく教えてほしいです。

この質問は、50代の男性に回答をリクエストしました。

閲覧数:
70,214
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cyb********さん

2014/8/2918:41:32

投資信託の仕組み…というより、利益の出し方についてですが。
まず、出資者からのお金をもとに、会社が株式や債券などに投資して運用し、利益を出して、解約時にお金を返す…ということです。ただ、投資信託の目論見書に出ていると思いますが、解約時には「信託財産留保額」とか「運用管理費用」(これは毎年)等がかかります。そして、その後に税金(これ、現在は20%強です)…。

なお、2か月に1度等の分配型ですが、分配の分だけ信託資金が目減りするわけで、それだけ投資資金が少なくなっていくわけです。なので、投資信託は、無配型の方が有利です。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

hue********さん

2014/9/216:21:08

貴殿の情報から、私なりに類推して計算してみました。貴殿の参考になれば幸いです。

なお貴殿の数値、違っていませんか???
*311300円程度→→正3,113,000円程度
* 22000円程度→→利益比較は300万でなく個別元本から。

1.保有口数は次式から300万口ですね(手数料等はなし);
○保有口数=投資額300万円÷基準価額1万円×1万口=300万口

2.売却額は次式から3,113,033円です。
○売却額=口数300万口×基準価額10,408円×(1-留保額率0.3%)÷1万口=3,113,033円

3.換金額は次式から3,021,233円です。
○換金額=売却額3,113,033円ー譲渡益税91,800円=3,021,233円

4.譲渡損益が次式から459,000円ですから、売却利益は次々式から367,200円でしょう。
○譲渡損益=譲渡益税91,800円÷税率20%=459,000\
○売却利益=譲渡損益459,000円ー譲渡益税91,800円=367,200円

(補足)
売却時の個別元本は次式から逆算すると8,850円であり、また保有投資額は次々式から2,655,000円です。
○譲渡損益458,000円=口数300万口×[基準価額10,408円×(1-留保額率0.3%)ー個別元本8,850円]÷1万口
○保有投資額=口数300万口×個別元本8,850円÷1万口=2,655,000円

つまり購入時の投資額300万円と個別元本1万円が、売却時には投資額2,655,000円と個別元本8,850円に減ってしまったのです。これこそが特別分配金を受け取って個別元本が減らされた証拠なのです。ー以上ー

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる