ここから本文です

禅は中国から伝わりましたが、今の中国人に侘び寂びや作法は理解出来るでしょうか?

jjy********さん

2014/8/2920:47:52

禅は中国から伝わりましたが、今の中国人に侘び寂びや作法は理解出来るでしょうか?

閲覧数:
181
回答数:
5
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

knz********さん

2014/8/3009:01:48

中国の現在の仏寺は「xx禅寺」との名称から分かるように、禅を基本としています。従って、そこにいる僧は禅の原則に基づいて日々を暮らしています。当然ながら禅の作法に基づいています。但し、「侘び寂び」は室町期に禅から派生した日本独特な思考ですから、中国にはそれと同じものはありません。なお、作法が茶道のそれを指しているなら、茶道も日本で始まったものですから、中国にはそれはありません(中国人には、茶道で茶を飲む前に、茶碗を手で回転する作法は理解できないでしょう)。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2014/9/5 09:28:09

有難うございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

seg********さん

2014/8/2923:09:47

高校の漢文の授業を思い出してください。

李白や杜甫の時代に比べたら、確実に民度は下がって価値観崩壊の瀬戸際です。

これは別に共産党だけのせいでも無く、中国史は古来から王朝だろうが共産党だろうが、支配者の為政は人民に及ばなかったせいによります。
元から唯物論が根強い国民性ですから、経済のみ上向きになっても人心を向上させる教育面はほとんど間違いだらけ。

以前北京で複数の中国の方とお話しする機会がありましたが、それでも10人に1人くらいは、このままではいけないと思っているそうです。
でも1:10では、多勢に無勢ですね。

中国の茶の作法と言うのは、今日ではかく茶や花茶の作法のことです。

日本で発展を遂げた禅とは関係ありません。

nan********さん

2014/8/2921:33:38

キョンシー観ればその無念さがわかりますね〜^^

ただ現在は巷の茶店で気軽に小難しい茶の作法が体験できるんで

復活の兆しアリかと・・・。

rar********さん

2014/8/2921:05:27

中国に留学していましたが、中国人といってもやはり個人差が大きいと思いますよ?
文革の影響は色濃く残っていると思います。まずやはりお金や服や車、世俗的な価値を求める人が大多数なのはどこの国も同じだと思いますよ。

でもそもそも精神的な価値や座禅に興味があるならば、理解は早いと思いますが?道教の中にも瞑想がありますし。ただ日本でいうところの侘寂を、日本に来ることなく完全に理解するのは難しいと思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

oha********さん

2014/8/2921:02:27

毛沢東の文化大革命によって中国の便化風習はそれ以前とは全く異なるものに塗り替えられたため、中国から日本に伝わったものでも中国にはほとんど残っていなかったりするよ。

禅とわびさび、作法はそれぞれ別物だけど、主に儒教文化が失われている。
わびさびは書や水墨画などのアートにも繋がるため、一部日本よりも強い伝統が残っているよ。

文化大革命の影響を受けなかった台湾には、日本人と酷似した感覚が強く残っている。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる