ここから本文です

下痢、微熱、血便が続き病院でみてもらいました。一昨日、抗生剤クラビットとミヤB...

rot********さん

2014/8/3018:41:43

下痢、微熱、血便が続き病院でみてもらいました。一昨日、抗生剤クラビットとミヤBMを5日分処方され、便の検査もしました。

薬を服用し、一日絶食したところ、症状は少々、落ち着きましたが、三回食事を抜いたので、昨晩から下痢の時にお腹にやさしいといわれる豆腐、野菜スープの上澄み、とろとろのおかゆを食べてみました。今朝は下痢になっていませんでしたが、夕方、二回目の排便が少量あり、また、下痢に近い状況に戻ってしまいました。血はまじっていないように思われましたが、軽い腹痛が復活しています。熱は下がりました。このまま、食事を続けて
よいのかどうか迷っています。こういう状況でも、来週、予約した大腸内視鏡検査は行うべきかもアドバイス頂ければ幸いです。

補足水分補給のためにとマルチビタミンのゼリー(ビタミンC オレンジ味)を飲んだのが下痢の再発につながったのでしょうか?

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
5,470
回答数:
1
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cic********さん

2014/8/3109:29:45

下痢、微熱、血便が続くとのことです。来週、大腸内視鏡検査を予約中…が関連事項として気になります。下痢、微熱、血便といった症状が長引く、頻発…であるなら、クローン病、潰瘍性大腸炎等といった疾患も視野においた大腸内視鏡検査は見逃せないとこでしょうか。
投稿文によりますと、下痢、微熱、血便につきましては回復状態にあるような印象を受けます。食事に関しましては、人は4~5日程度でしたら、何も食べなくても体内に必要な栄養素が備蓄されているものにて、さほど心配には及びません。むしろ、とことん絶食により消化器系の負荷を軽減されることは、症状の改善に寄与することと察します。ただし、水分は必須ですので、必ず水分補給だけは欠かさないようにされて下さい(水分補給に伴う下痢であったとしても、水分補給は継続されて下さい)。細菌性・ウイルス性とも安静が何よりも大切です。
細菌性であれ、ウイルス性であれ、現状の諸症状は数日で改善に至るかと思いますが、大腸内視鏡検査に関しましては予約先の病院にてご相談下さい。
《ご参考》
■クラビット(レボフロキサシン水和物):ニューキノロン系の抗菌薬。広範囲の細菌に有効性を示します。通常、成人は、レボフロキサシン水和物として1回100mg(錠:1錠または細粒:1g)を1日2~3回経口服用。腸内の善玉菌まで死滅させてしまう等の影響が副作用として現れやすいかと思います。
■ミヤBM(酪酸菌):善玉の乳酸菌を補い、悪玉の腸内細菌を追い出します。下痢症・便秘症ともに効能が期待できます。抗生剤の副作用を防ぐ役割も持ち合わせますが、この場合、ビオフェルミンR
(Rは耐性:ResistantのRにて強力な胃酸等にも耐え、腸内に達し善玉菌として効力を発揮)が好ましいかと思います。

質問した人からのコメント

2014/8/31 12:48:22

詳細な説明ありがとうございます。微熱はおさまり血便らしきものも見えなくなりましたが、
おかゆ、野菜スープが胃から大腸に移動すると便意が生じます。ご助言のようにできるだけ食事を軽くし、安静にして、大腸内視鏡に備えます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる