ここから本文です

尾腐れ病+白点だと思うのですが・・・ 45cm水槽にて熱帯魚を飼育しております...

nip********さん

2014/9/417:04:21

尾腐れ病+白点だと思うのですが・・・

45cm水槽にて熱帯魚を飼育しております。以下、設備です。

・45cm水槽
・照明あり(蛍光灯は電気屋で購入した白色の強めの光です)
・上部フィルターを使用
・サブフィルターに外掛けを使用
・水中に水作スリムを用いた自作の流動ろ材フィルターを配置。水作なのでエアレーションもされています。
・ヒーター、扇風機(共にサーモ、逆サーモ付き)水温は27.5℃付近に保っています。
・底砂な麦飯石を使用。
・水槽は立ち上げ一ヶ月です。はじめだけアクアXを使用しましたが、その後はハイポでカルキを中和した水を入れています。

・薬湯用のサブ水槽は12ℓ。濾過ボーイ+ヒーターです。底砂はありません。水温は28度付近にしてあります。

以下、生体です。
・水草に、アマゾンソード、カボンバ、アヌビアス・バルテリー(流木)、ウィローモス(マット)があります。
・熱帯魚は、ネオンテトラ4、ゴールデンテトラ4、グッピー稚魚4、サッカープレコ1レッドファントム5、ミナミヌマエビ2です。

だいたい10日ほど前になりますが、ネオンテトラ4匹中3匹に尾腐れ病、そのうち1匹にはさらに背びれに白点と思しき症状が出ているのを発見しました。混泳中の別種の魚を調べましたが特に症状が出ていないのを確認できたため、ネオンテトラの間で流行していると判断し、ネオン4匹のみを12ℓのサブ水槽に移しました。
はじめの数日はメチレン1mℓ、塩を全水量の0.2%ほどで様子を見ながら、だいたい3、4日程度後に1/3の水換えを行い、その時にメチレン2mℓと塩を全水量の0.5%ほど加えました。治療の間、餌はごく少量を与えていました。
そのまま一週間が経過して本日なのですが、どのネオンも落ちることなく元気に餌を食べています。病状は白点が消え、尾の溶け具合は治療を始めた頃と変化がないように思えます。

尾腐れと白点を併発していた個体なのですが、未だに尾の付け根の片側に白い点のようなものがあります。僅かな間水から上げて、柔らかい素材のエアチューブでこすってみたのですが、どうも白点というよりはコブのようなもののようです。

ここで質問なのですが、この個体含むネオン4匹を、メインの水槽に戻しても問題ないものでしょうか?尾腐れはとけた部分は元には戻らないのだろうと思っているのですが、このこのコブの様な物のせいで判断がしづらいです。

どうぞ助言を与えてやってください。よろしくお願います。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
463
回答数:
1
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aku********さん

2014/9/421:43:23

まず、井戸水を本水槽に入れて、トロピカルゴールドの薬を入れ、1週間越しに、全水変えし、二週間続けます。

徐々に白点がなくなり、腐った尾も綺麗に温和されます。

水槽は汚れますが、病気治った後、綺麗に掃除すれば問題ありません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる