ここから本文です

信仰の篤い人は道徳心が高いのでしょうか? 創価学会は問わないのですが、信仰を持...

eto********さん

2014/9/1816:37:08

信仰の篤い人は道徳心が高いのでしょうか? 創価学会は問わないのですが、信仰を持つのが日本人ですか。

閲覧数:
47
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mok********さん

2014/9/1820:29:25

通常は、信仰というのは、神、仏を信仰するものですが、その対象はあいまいで形が定かで無いため神仏だと思っているものを信仰する人はいます。信仰する対象によってまったく違います。

信仰は必ず態度に現れますので、道徳心がある人は、ちゃんとした信仰であり、人間としておかしいのではないか?という人の信仰は、何かを信じているだけだと思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

jof********さん

2014/9/1820:51:42

高い人もいれば低い人もいる、というのが答えですが、
一般的には、信仰を持つ人は社会問題にも関心が高いので、道徳心も高いと思います。

キリスト教の場合は、信仰と道徳が表裏一体になっています。
生きているうちに善行を積んで、最後の審判に備えます。
即物的ですけれど、この考え方によって、西欧社会の社会道徳が形成され、ボランティア活動が盛んだったり、寄付行為もよく行われたり、マナーとなっています。

仏教の場合は、仏になることが目標なので、自力でそれに到達しようとする人は、善行を積み、悪行を行わないようにし、社会運動などにも積極的に参加します。

他力の教えに基づく浄土真宗では、<自力の努力では仏にはなれない>といいます。
したがって、浄土真宗の場合は、<信仰の篤さと道徳心とは無関係だ>といいます。

まとめれば、自分の努力で、来世が約束される宗教では、善行をつもうとしますし、
自分の努力などでは無理だといわれれば、<社会的善行は救われるためには無価値>だということになります。

注意しておきたいのは、
浄土真宗の場合は、前提として、<自分がいかに煩悩にまみれた薄汚い人間であるかということに気づく>ことを求めていますので、
単純に<社会的善行は救われるためには無価値>だから行わない、というのではありません。
<自分の存在がいかに他人によって支えられているのか>ということに気がつきながら日々を送る、ことになるので、実際には、< お礼として > 社会的なボランティア活動には積極的です。
つまり、<ボランティア活動などの、現世の価値観による<善行>をいくらつんだ>といって、<来世で救われるなどと思ってはならない>、という教えです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる