ここから本文です

保険診断をお願いします。

zaz********さん

2014/9/1817:09:40

保険診断をお願いします。

〔夫45歳 妻37歳 子供(4歳・2歳)〕

主人が25歳の頃から 生保レディーに言われるまま10年毎に更新してきた
ニッセイの保険が更新を迎えますが、
高いため他にいい保険がないか考えています。

〔賃貸アパート・夫婦月収入35万・ボーナス無し・貯金1400万程度・
学資保険100万×2加入済み・子供もう一人希望〕

先週保険相談に行った所
①メットライフ つづけトク終身 20年 500万
②メットライフ 新終身医療保険(60日型)
終身手術総合保障特約
新終身通院給付特約
先進医療給付特約
終身七疾病入院延長給付特約
③三井住友海上あいおい 収入保障保険 64歳満了 基本月額10万
以上 月払い27137円をすすめられました。

貯蓄の意味ではないので死ぬまでつづけトクは解約する気はありません。
収入保障保険は年々減っていき 今死亡なら2400万でも64歳だと600万にしかなりません。

保険に関して無知な為、これでいいのかわかりません。
貯蓄するつもりがないなら他の方がいいのか・・・
お詳しい方、申し訳ありませんが教えて頂けますでしょうか。
宜しくお願い致します。

補足皆様ありがとうございます。
今読みながら もう一度内容や他の保険を見直している最中です。
2年以内にもう少し広い賃貸アパートに引っ越す予定で 多分現在家賃より2万程出費が・・・
今の貯金は独身時代の物が多く、家を建てる程これから貯金が出来るとは思っていませんし
子供にもこれからお金がかかるので よく考えます。

閲覧数:
506
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bla********さん

2014/9/1817:45:37

貯蓄1400万円はマイホームの資金ですか?
それで使ってしまうなら仕方ないですが
通常だと1400万円あれば、終身保険500万も
必要な気がしないのですが・・・

②と③のみならそんなに保険料も高くないですよね?
そして②ですが、新商品ということで勧められたかもしれませんが
この保険は色々つけると、あっという間に高くなってしまいます。

だんなさんがたばこを吸わなくて健康体なら
損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の
収入保障保険と医療保険がお勧めです。
もしくは三井住友海上あいおい生命の
収入保障保険と医療保険です。
医療保険は年齢が年齢なので
がんや三大疾病の一時金が欲しいところです。
60歳や65歳払い済みを考えているなら
どちらの会社でもいいですが、終身払いなら保険料払込免除特約を
つけたい場合、ひまわり生命しかつけられません。


もしたばこを吸うなら、
オリックス生命の収入保障保険
それにCUREの三大無制限でいいと思います。
収入保障保険の最後が600万円になるのが不安でしたら
オリックス生命の収入保障保険がお勧めです。
この商品は、お子さんが大学へ進学の間だけなど
一定期間だけ保障を上乗せすることができます。
例えば59歳から5年間だけ、月10万を月15万に設定できます。

メットライフの医療保険選んだ理由が通院給付金があること
ならば、もう一度よく考え直してください。
通常の病気で退院した後では、そんなに通院しません。
週に1回それを数回もらうだけなら、金額はしれています。
そしてがんの通院治療に使う場合は
これでは役不足です。対象期間も限度日数も短すぎます。
なので私はあまり通院給付金をお勧めしないです。
(ただしがんはのぞく)

どうしても終身保険500万が必要なら
もしかしてオリックス生命のライズの方が
保険料が安くなります。
解約返戻率は悪いですが、それを考えていないなら
おすすめです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tub********さん

2014/9/1818:36:00

保険は必要な保障を得るためのものですが貯蓄が1400万円ある方にとっては必要な保障は特にありません、何かあった時には貯蓄で対応できるから

外務員に保険のことを聞けば買える保険を勧めてきます、必要な保険についての知識はほとんどの場合持っていません

死亡保障・収入保障は遺族年金、母子家庭・父子家庭の行政支援で十分対応できます、もちろん特別な事情があればその限りではありませんが現状では不要です

今の貯蓄額で必要な保障はありません、保険料を払うよりその額を貯蓄した方がはるかに良い対応ができます

医療保険に関しては500万あれば万全の対応ができます、また医療費に関しては入院費は半分しかないので貯蓄があれば不要、先進医療も最大で300万なので貯蓄で対応できる、七疾病も行政支援と貯蓄で対応できます

年間30万も保険に払う必要は全くありません、保険ゼロで対応できます

保障が必要なら自治体の行政支援制度について調べるべきです

それ以外は貯蓄で対応できます

遺族年金は下の子供が18歳になるまでで約2500万円それに貯蓄と行政支援による補助を合わせれば5000万以上の保障がある状態です、普通の生活をしていればそれ以上の保障が必要とは思えません

住宅などを買う場合でも500万以上貯蓄を残せば医療保険は不要、妻が働ければ収入保障・死亡保障も不要です


終身保険はインフレによる物価上昇、保険会社倒産、新しい医療技術に対応できないなど問題が多い保険ですので今後何があっても加入するのは避けてください

退職後には夫婦で最低300万、できれば500万以上の貯蓄があれば以後の医療費として対応できます

lim********さん

2014/9/1818:32:52

いつも思いますが、ここで堂々と生保の説明や診断している人って募集人の人なのかな〜?

ご主人の年齢から言って、第一子大学卒業63歳、第二子卒業65歳、第三子は少なくとも67歳ですよね。
つまりどの子どもも定年後の学費支払いの可能性があるわけです。
収入保障はあくまで収入がないと加入できませんから、年金暮らしだと保険は入れません。しかも実際の収入の何割〜となりますので、60歳定年で65歳までは再雇用されて賃金が半分くらいになると、加入できる額も減ります。

今回においては、収入保障保険では60歳以降のリスクヘッジにならないと思います。64歳で満了してしまうと、その後新しく保険入るのでしょうか?
第三子が大学卒業するまで、少なくても67歳までは子どものための多額の保険金が必要ではないでしょうか。
それを貯蓄で補えるならいいのですが、今の貯蓄は住宅購入などに使いませんか?

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

mir********さん

2014/9/1818:22:16

現在の契約内容が不明です。ご主人様のご年令の割りにお子様が小さい事や持ち家なのか賃貸なのか、賃貸ならばマイホーム建築予定があるのかによっても随分回答が違うと思います。あと、健康診断で要精密検査はありませんか?日本生命は経過観察は告知不要②ですが、経過観察も告知が必要な会社が多いです。

abg********さん

2014/9/1817:50:47

貯蓄が1400万円ありましたら、先進医療も含め医療保険の必要性はありません。その分をほかの保障の増額もしくは貯蓄に回しましょう。期待値で50万くらいは浮くと思います。
つづけとく終身は相続対策でしょうか?それであれば入る価値はあるかもしれません。ただ、意外と保険は続けられないものです。現在ご加入の保険も20年しかもちませんから。解約した時のリスクは大きすぎます。
収入保障保険は64歳では確かにちょっと短いのかもしれません。ただ、それ以上に伸ばせるかどうかはわからないので、すみません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる