ここから本文です

遺言書の撤回を裁判で訴えることはできますか? どんな遺言書でも、その人の意...

man********さん

2014/9/2213:04:39

遺言書の撤回を裁判で訴えることはできますか?

どんな遺言書でも、その人の意志に基づいたものならば、通ってしまうのでしょうか?

詳しい方、よろしくお願いします。

以前にも質問させていただいたのですが・・・

兄弟の扱いは「すべて平等にする。」「遺産相続は自分の死後とする。」と口癖のように言って

いた父親が、何の説明もないまま、兄に土地を相続させました。

それに対して「約束が違う。」と弟が言ったところ、父は腹を立て「お前には一切遺産をやらな

い。」と言って行政書士のところに行き、正式に手続きをしたそうです。

弟は「自分はおかしな事は一つもしていないのに・・・こんなことが許されるのか?」と怒り心頭です。

そこで質問なのですが・・・

遺言書の撤回を裁判で訴えることはできますか?

どんな遺言書でも、その人の意志に基づいたものならば、通ってしまうのでしょうか?

またこんな無茶苦茶な話が通らないように、何か良い手はないでしょうか?

詳しい方教えてください。

よろしくお願いいたします。

補足口約束とはいえ、約束を反故にされたことに関してはどうでしょうか?

あまりに理不尽だと思うのですが?

閲覧数:
389
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fus********さん

2014/9/2213:30:53

そもそも遺言は
作成者が死亡しないと効力を生じませんし

自分の財産である以上
自由に処分出来るのが原則ですので
そのような遺言が
直ちに無効となる由はありません。


もっとも無原則に
被相続人による財産の処分を許してしまうと
相続を認めた法の趣旨が貫けませんので

民法は
一定の相続人のために
最低限、遺しておかなければならない遺産の割合を定め
(遺留分・民法1028条 参照)

被相続人が
遺留分を超えて財産を処分していた分に限り
その分を取り戻す事が出来ます。
(遺留分減殺請求・民法1031条 参照)

  • fus********さん

    2014/9/2214:49:18

    そもそも相続は身分行為といって
    財産上の行為(契約・取引など)とは区別されていて

    被相続人が生前について
    相続に関する事を相続人に告げていたとしても
    その告げた事は法律上、何の意味も持ちませんで
    約束を反故に との言い分自体が当たりません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2014/9/22 15:35:06

成功 回答ありがとうございます。参考になりました。それにしても「人として」どうなんですかね?約束を破った上に、さらに理不尽な対応・・・何も法的措置が取れないというのはおかしい気がしますね。また長い回答をして下さった、別の回答者の方もありがとうございました。文章を読む限り、さみしい人生を送られているように感じました。法律は前向きな解釈をした方が、人生が豊かになるように思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ram********さん

2014/9/2214:57:17

遺言書というのは遺言公正証書でもないかぎり、
作成された時点でその内容が有効・無効であるか、そもそも法的に
その遺言書の様式自体有効か無効かは分りません。
遺言公正証書ならその内容、法的な有効性に全く疑いの余地はないが
自筆証書遺言の場合は、遺言者が死んでから、その遺言書の存在が、
その内容が明らかになった時に全てがスタートする話。

それに遺言書の撤回は相続人が訴えてなんていうものでもない。
約束が違う、無茶苦茶な話だなどと言う事も全く以て話にならない。
遺言書は遺言者の自由意思で作られた書面であり、内容について、
また撤回せよなどとことさら相続人にとやかく言われるものではない。
また遺言はその遺言者が自身の意思でもって撤回するものです。

>こんな無茶苦茶な話が通らないように、何か良い手はないでしょうか?
弟が望むしかないのは親の心変わりです。ならどうやって心変わりを?
そんなこと分るはずありません。自分で考えろとしか言えませんね。

>口約束とはいえ、約束を反故にされたことに関しては・・・
どうでしょうと言う事はそれに基づいて何か出来るのでは、とでも?
ハッキリ言っておきますが、何にもありませんよ。
理由は簡単、そのような口約束は法的に無効だから。
要はまだ起こりもしていない、全て親の死という物からスタートする
現実に何もない、発生すらしていないことについて何の約束が出来ますか?
それを反故にする?それは有効に成立しているからこそ言えること。
なんら有効に成立していないのだから反故も何も約束など存在しない
じゃあ口約束がダメなら念書だ契約書だ!って言うのも無駄。
そのような物を作ったところでただの書き切れ、何の役にも立ちません。

mit********さん

2014/9/2213:51:42

遺言書は、実行時点で無効でない限り取り消しなどはできない。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる