ここから本文です

日本の時代劇では、差別階級=穢多・非人がほぼ登場しません。出たとしても、処刑...

aya********さん

2014/9/2415:18:14

日本の時代劇では、差別階級=穢多・非人がほぼ登場しません。出たとしても、処刑される囚人の行列に参加したり、囚人を竹槍で処刑する時だけです。

京都・大坂では、東西町奉行所と差別階級が密接な関わりがあり、処刑行列の参加&罪人処刑&後始末以外に、同心の市中巡回の際には、自分付きの小者+非人(長吏=大坂では若者/京都では小屋頭)4~5人を連れて巡回。犯人捕縛の際も、捕吏として捕り物に参加していた様です。
韓国の時代劇には、よく差別階級=白人・奴婢出身者が登場し、身分を偽り、女官&両班&武官などになり活躍するケース多いですが(差別身分の時に受けた屈辱・恨みが、野心・出世の原動力)、
日本の時代劇の場合は、(穢多・非人出身者が、身分偽り、武士・将軍家や大名家の側室・大商人の後妻など)、色々批判受ける可能性もあり、ドラマ化出来ないのでしょうか?

閲覧数:
1,499
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mar********さん

2014/9/2513:22:05

多分 李氏朝鮮時代の私奴碑などの賤民階級の者の全体(全人口)に占める割合が,日本の江戸時代などの賤民階級の者の全体に占める割合などの比ではなかったからではないでしょうか?又,日本の場合,江戸時代の士・農・工・商の下位に置かれたとされる穢多(エタ)・非人(ヒニン)の身分などは,李氏朝鮮の賤民階級に属する人達(私奴碑や公奴碑,白丁など)と違い,かなり流動的で,一般の人々が,何らかの事情などで,非人などに落とされても,その後の,その者の努力や運などにより,士・農・工・商などに上がることが,李氏朝鮮の厳しい身分制度のもとに置かれた人々の事情などに比べると,容易だったからかもしれません..李氏朝鮮の賤民の場合,その身分は,基本的に,親からの世襲制で,賤民出身の子供などが,常民・中人・両班などの身分になることなどは,極めて難しいことだったようで,韓国ドラマ“女人天下”の主人公;鄭蘭貞氏なども,もともと母親が私奴碑だった為,妓生;芸妓となり,王族の外戚筋の貴族の男性に見初められ,見受けされ,その賢さから,当時の朝鮮王;中宗の正室の片腕となり,宮廷での出世街道を,夫と共に歩んで行くようですが,妓生や僧侶などは,李氏朝鮮時代は,賤民でしたので,賤民から,正一品;貞敬夫人にまで上り詰め,一時期,夫と共に権勢を欲しいままにしたということなどは,すごいことなのかもしれません..日本でも,“大奥”のドラマなどで有名な徳川家光氏の側室の一人;お楽の方などは,父親は,もともと農民で,武家に奉公した後罪を犯し,漁師になるも,禁漁を犯し死罪となり,母親とお楽の方は,非人に落とされたそうですが,母親が武士と再婚した為,再婚相手は,商人に身分を落としましたが,春日局の仲介で,家光氏の側室などとなっていますし,家光氏の側室の多くは,大奥の端女(はしため)が多かったようで,こちらもシンデレラスト-リ-なのかもしれません..

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

quo********さん

2014/9/2417:49:54

部落開放同盟から、クレーム来るとめんどくさいからじゃないの

kou********さん

編集あり2014/9/2417:54:38

享保年間、穢多頭の浅草矢野弾左衛門の支配の下、浅草の町で皮革産業に従事したり、小塚原の刑場で虎松の祖父が腑分けをしたり、吉原の遊郭で女性が働いたり、非人頭車善七の支配の下、芸能、警備、清掃などに従事する人たちもいました。今も観光客でにぎわう浅草の町に、差別されてきた人たちの歴史が確かに残っているのです。弾左衛門は、旗本なみの屋敷に住み、その財力は大名をしのいだと言われています。江戸の被差別民衆は、この弾左衛門の直接・間接の支配下でした。主な仕事は、斃牛馬の処理、その結果手に入る皮などの加工、太鼓や武具など様々な革製品の製造販売などで、今でも弾左衛門の屋敷跡(現在は都立高校)周辺には、靴、皮革などの小さな町工場が並んで、仕事に励んでいます。弾左衛門たちの有名な仕事として、医療にかかわる仕事がありました。前野良沢、杉田玄白らは『ターヘル・アナトミア』の人体解剖図が正しいかどうか確認するために小塚原刑場(現在の南千住駅周辺)に解剖「腑分け」を見に行くのですが、このとき執刀したのが「穢多の虎松の祖父、90才の高齢だが健やかな老人」でした。彼は、肺、心臓、肝臓、腎臓、胃などを正確に切り分けて示しました。これにより良沢や玄白らに『ターヘル・アナトミア』の翻訳を決心させたのです。

1980年代以降、差別用語の自主規制が厳しくなり、テレビの時代劇で、部落や穢多・非人を使えなくなった。ただ、浅草(吉原)などの顔役という設定で、穢多頭や非人頭を暗示している。
蘭方医が主人公の作品で定番の「腑分け」シーン、手配する顔役は、弾左衛門がモデル。

kan********さん

2014/9/2416:28:39

「劇」だからですよ。
「劇」だから史実に忠実である必要がないからですよ。
それだけでしょう。
史実を理解して見ている人間なら、たとえエタが出ようが
非人が出ようが抗議なんかしないでしょう。

oda********さん

2014/9/2415:21:03

あり得ないからなのでは?
つまり、武士で無いものが武士のカッコをしただけで死罪でしょ?斬首ものの所業って事ですよね?

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる