鶴松や秀頼はいったい誰の子だったのでしょうか? 秀頼の風貌から大野治長の説が有力のようですが、歴史ドラマを見ていると茶々と大野治長のカラミはほとんどないためむしろ石田三成なのでは…?

補足

たくさんの回答ありがとうございます。 鶴松、秀頼は秀吉の子なんですね。 つまりは歴史ドラマを面白く、かつミステリアスに描写するための演出にまんまとはまっていたという訳ですね。 皆さんの回答に感服しました。

日本史63,487閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

5人が共感しています

ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さん回答ありがとうございました。またよろしくお願いします。

お礼日時:2014/10/2 7:26

その他の回答(5件)

間違いなく秀吉の子です。 天下人の愛妾に手を出せる人はいません。

若い頃の秀吉夫妻に子供ができなかったのは不妊症のねねが嫉妬深い性格だったこと(側室を置けなかった)と、秀吉の多淫のせいです 鶴松や秀頼は秀吉の子供です(^_^;)

秀吉に子種がなかったわけではありません。事実、長浜時代にも側室との間に子供ができた実績はあるようです。 鶴松や秀頼が生まれた時期も、時間的に秀吉と淀君との間にそのような事があってもおかしくないようです。 絶対権力者の秀吉に隠れ、そのような行為を行う事の方が難しいでしょう。 秀吉の子供に間違いないと思われます。

一般的には、大野治長説が有力です。 大野治長と茶々は、幼なじみと言われています。