ここから本文です

いまのイギリス王室 ウインザー朝は、血統的に、何朝まで遡れますか?

koi********さん

2014/9/3000:27:41

いまのイギリス王室 ウインザー朝は、血統的に、何朝まで遡れますか?

閲覧数:
1,117
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

na_********さん

2014/10/111:27:49

血縁で遡ろうとすると、エセックス王であるエグバートまで遡れます。
エグバートがアングロサクソン7王国を統一して現在のイングランドをつくりました。
エグバート以前になりますと、文献が定かでなくなります。

一般的には、現在のイギリス王家は、ノルマン朝に始まりますが、血縁ですと、ノルマン朝3代目のヘンリー1世の妻マチルダが、エセックス王家の血筋ですから、そこからエセックス王家に遡ることになり、エグバートに達します。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

cel********さん

2014/9/3022:56:22

英国(女)王はイングランド(女)王でもあり、スコットランド(女)王でもある訳ですが、イングランド王の血筋を"濃いか薄いかはともかく血縁関係のある王(女王)が『連続』していた"という条件で遡れば、既に他の方の回答にもある通り、ノルマンコンクェストの時のウィリアム1世までしか遡れないので、ノルマン朝まで、という事になります。

ウィリアム1世の征服の直前のイングランドでは、血筋としては有力な候補(死去した王の甥の息子)はいましたが10代と若く、ノルマンディーとノルウェーからの侵攻の恐れが強かった為、死去した王の臣下の中の最有力者を王として選びました(ハロルド2世)。
ハロルド2世とウィリアム1世との間には血縁関係はありませんので、「血縁関係のある王が連続していた」という意味ではウィリアム1世以前には遡れません。

「連続していた」という条件を外すならば、ウィリアム1世の息子であるヘンリー1世が、アングロサクソン系のイングランド王の血筋を引く(かつてのイングランド王の曾孫にあたる)スコットランド王家の王女を妻に迎え、そこからは血縁が途切れる事無く現在の王家まで続いています。
ノルマン・コンクェストの前のイングランド王(イングランド統一前はウェセックス王)については、日本語では○○朝という言い方はあまりしませんが、英語では”House of Wessex”という言い方がある事はあるので、敢えて訳せばウェセックス朝まで、という事になります。
ウェセックス王家の初代王は、6世紀前半のケルディック(Cerdic)とされており、その後も一応ずっと血がつながっていた事にはなっています。ただ、それを記した史料「アングロサクソン年代記」は9世紀後半に編纂されたもので、6世紀前半の事がどれほど正しく伝わっていたか疑問があり、Cerdicという名前もアングロサクソン系ではなく(ケルト系の言語を話していた)ブリトン人のものと思われるので、史実というよりは"伝説"として理解するのが一般的です。

英国王室の公式サイトのウェセックス王家の家系図(↓)が、9世紀前半のエグバートまでしか遡っていないのは、エグバート以降は系図としてほとんど疑う余地が無い事に基づくもの、と思われます。
http://www.royal.gov.uk/pdf/wessex.pdf

…という事で、「連続して」という条件を外すならば、ウェセックス王家(敢えて言えばウェセックス朝)のエグバート(9世紀前半)までは、現王室と血縁上のつながりは間違いなくあります。それ以前は伝説上は6世紀前半まで遡れ、更に完全に伝説ですが、北欧神話の主神オーディンまで遡れる事になっています。ここまで来ると、天皇家は天照大神の子孫というのと似ていますね。

日本だとノルマン・コンクェストの印象が強いのであまり知られていないようですが、英国では「現在の王室がウェセックス王家の血筋をひいている」というのは、ものすごくマニアックとは言えない程度には知られていると思います。

一方、日本語で言う英国は正しくは連合王国を指すので、スコットランド王としての血筋を遡る事も理屈としてはおかしくなく、こちらは「連続して」という条件を守った上で、初代スコットランド王とされるケネス・マクァルピンという9世紀半ばの王まで遡れます。○○朝という呼び方でいえば、"House of Alpin"という言い方が一応はあるので、それを日本語に訳すとアルピン朝です。

尚、「連続して」と言う場合、清教徒革命のように王が不在だった時期は除いています。

プロフィール画像

カテゴリマスター

air********さん

2014/9/3000:40:17

何処まで遡るか、考え方もありますね。
現在のイギリスは連合王国ですし、元々複数の王国が一つになっていますし.....

現在の国王である「エリザベス2世」陛下は、ウィンザー朝の王様であり、ウィンザー朝は、サクス=コバーグ=ゴータ朝が元です。
サクス=コバーグ=ゴータ家は、各国の王族を輩出しているお家です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B6%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%83%B3%E...

で、ウィンザー朝と、サクス=コバーグ=ゴータ家には拘らずに、現在の、エリザベス2世陛下から、父親、あるいは母親がイギリス王であったという、男系・女系は問わず、直系の血縁関係と言う形で遡ると(途中は端折ります)、ハノーヴァー朝「ヴィクトリア女王」まで遡れます。

ここで、父親、あるいは母親では遡れなくなるので、ここから祖父、祖父母がイギリス王であった人も対象として遡ると

ヴィクトリア女王の父・母ともにイギリスの王ではありませんが、祖父にあたる「ジョージ3世」はイギリス王です。
ジョージ3世の父・母ともにイギリスの王ではありませんが、祖父に当たる、「ジョージ2世」はイギリス王です。

さらに遡ると、
ジョージ2世の父、「ジョージ1世」は、イギリス王です、その曾祖父は、「ジェームズ1世」です。

祖父母でも遡れなくなったので、曾祖父母も含めてさらに遡ると.....

ジェームズ1世は、スチュアート朝の王様ですが、現在で言うところのイギリス(グレートブリテン王国)の王様ではなくて、イングランド王となります。

この辺りから、イギリス王という定義では話しは難いですが、面白いので、もう少し進めますね。
とりあえず、イギリス王ではなく、イングランド王として遡ります。

ジェームズ1世は、スコットランドの女王「メアリー1世」が母親です。そして、イングランド・テューダー朝の王であるヘンリー7世の娘マーガレット・テューダーの曾孫にあたりますつまり、ジェームズ1世は、「ヘンリー7世」の玄孫ですね。
ついに、玄孫の関係まで出てきました.......

テューダー朝の王であるヘンリー7世は、ヨーク朝の王である、「エドワード4世」の娘であるエリザベス・オブ・ヨークを后に迎えています。

血縁が、「エドワード4世」に繋がったので、さらに遡ると......エドワード4世は、「エドワード3世」の玄孫にあたります。
アンジュー朝のエドワード3世、エドワード2世、エドワード1世と遡り、ヘンリー3世、ジョン、ヘンリー2世と遡りますがこの辺は父子の関係。

ヘンリー2世は、ノルマン朝の「ヘンリー1世」の孫
ヘンリー1世は、「ウィリアム1世」の息子

ウィリアム1世まで遡ると、イングランドの王ではありますが、彼の称号はノルマンディー公でありフランスの貴族ともいえます。
イングランドを征服して、王となったので征服王の異名を持つ人であり、イングランドを経て現在へ連なる、イギリス王室の開祖と呼べる王です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%82%A2%E...

現在の王朝から、イギリス(イングランド)の王として遡るのはこの辺くらいまででしょう。

もちろん、さらに古くは、別の王朝、別の人種・民族で、イギリス(というか、イングランド、ブリテン島)に君臨した王様は居ますが、現王朝との血縁は無いと考えて良いかと。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる