ここから本文です

『コードフリーク』について(その01)

toy********さん

2014/10/122:25:48

『コードフリーク』について(その01)

本『コードフリーク』を使った秘技等のチートはWi-Fi等のインターネットに接続せずに個人で楽しむぐらいなら問題ありませんが,Wi-Fi等のインターネット接続を使ってチートを使用すると,
・著作権法第20条:著作者人格権(同一性保持権)侵害 3年以下の懲役または300万円以下の罰金
・刑法第234条:威力業務妨害罪 3年以下の懲役又は50万円以下の罰金
・刑法第234条の2:電子計算機損壊等業務妨害罪 5年以下の懲役又は100万以下の罰金
・電波法第100条第1項による規定の違反:1年以下の懲役又は100万円以下の罰金
・不正アクセス行為の禁止等に関する法律第3条第1項による規定に違反:1年以下の懲役又は50万円以下の罰金
という様に法律により罰せられるものですが,万が一,例え『コードフリーク』のチートを使用したことによって生じたトラブル・損害などによって不具合が生じたことによってチートやゲームのデータ等が損失(破損)してしまっても,任天堂であろうとサイバーガジェットであろうと,それを行った利用者であろうと,どうやっても責任を負うことが出来ないから,無保証かつ,サイバーガジェットが関与しかねるトラブルとしても当てはまりそうですか?(この場合,例え『コードフリーク』のチートを使用したことによって生じたトラブル・損害などによって不具合が生じたことによってチートやゲームのデータ等が損失(破損)してしまったことに関する問い合わせが来たであろうとサイバーガジェットにより、その問い合わせに対し頑なに拒否され,問い合わせにお答えできないでしょうか?)
そのため,『コードフリーク』で利用者がチートを使う際,自己責任で利用しなければならないように注意を促しているという意味ですか?
特に任天堂の改造ポケモンについては,Wi-Fiに出そうとすると上記の違反行為のように違反した人自身が法令・条例に従い刑事責任を問われなければならぬ責任は自分で追わなければならないものですか?
ある規約によると「自身の責任と費用において解決しなければならず」と書かれておりますが,違反した人自身が「自身の責任と費用において解決しなければならず」といっても,その人自身が責任を持って罰則を受けて処罰されたら,自分で違反を解決したことになりますか?

補足上記のような損害等が生じてデータが消えてしまっても無保証で,サイバーガジェットが全く責任を負わないものとするトラブルであるため,サイバーガジェットに修理を出しても、修理不能ですか?
因みに14才未満の子供は犯罪にはならず,当該14才未満の子供本人に代わって親が責任を負います,らしいです。これにより,上記のような犯罪を犯した14才未満の子供のせいで親が起訴されることもありますか?

閲覧数:
135
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sum********さん

2014/10/502:25:05

コードフリークの故障の場合は対処してもらえるが
ゲームソフトが故障した場合は無理だぜ。

改造する時点でそれを同意してるわけだ。

任天堂も故障原因が改造や意図的なバグの場合は

対応してくれないはずだ。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる