源平合戦以外の落ち武者の幽霊について。 落ち武者の幽霊といえば源平合戦の平家のものが有名ですが、それ以外の落ち武者の幽霊というのはあまり聞いたことがありません。

源平合戦以外の落ち武者の幽霊について。 落ち武者の幽霊といえば源平合戦の平家のものが有名ですが、それ以外の落ち武者の幽霊というのはあまり聞いたことがありません。 そこで、戦国時代や明治維新、平安時代以前などの時代の落ち武者の幽霊にまつわる怪談を募集します。心当たりのある方はご一報ください。おねがいします。

超常現象、オカルト232閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

落ち武者とは少々異なるかもしれませんが、「大鏡」に天暦十(956)年に、藤原師輔(ふじわらのもろすけ)が出会った百鬼夜行の記録があります。 これは蘇我入鹿を始め、蘇我馬子、山背大兄皇子、大津皇子、山辺皇女など藤原家に謀殺された、いわば大量の歴史の敗者の怨霊でした。 それに加え白い法衣の僧侶たちが、裸形の群衆が跳ね回っていました。 その振る舞いや音声から、怨霊たちはみな御所と平安京に強い呪いを持っている様子が見て取れたのです。 この百鬼夜行が見えたのは師輔だけだったのですが、彼はそれから4年後に死亡、娘も狂死しています。

その他の回答(3件)

0

約40年前に初めて行った鎌倉。 建長寺と釈迦の切通しで撮った写真には・・・あらやだ鎧兜のおじさんが。 その20年後知人の菩提寺が鎌倉にありどうしても行く羽目に・・・こわい・・・ほらやっぱりいる。 六地蔵から下馬への道で馬に乗っている・・・何で馬までセットなんだよ。 でも、なぜか悲惨な状態の方はいない。なぜだろう? 現在、月1回のペースで鎌倉に行くけれど見慣れた。 それどころか運気が上がったようだ。

0

広島、長崎に、原子爆弾が投下されていますね。 大勢、亡くなっています。

0

いやいや、鎌倉時代のほうが凄惨なことが多くて、しかも、なかなか供養も行き届いていないから圧倒的に多い。 今じゃ古都鎌倉なんて言ってるけど、霊感持ちはなるべく近寄りたくない日本ワーストクラスの心霊スポットだよ。 鎌倉時代は日本の暗黒時代だね。 また戦国時代も、理不尽で悲惨な戦のあった場所は今でもあちこち出るよ。 あと、個人的に函館五稜郭に行ったとき、幕府軍の若い志士が壁際に体育座りでうなだれていたよ。