ここから本文です

会社内での役職の順番教えてください。 1、社長 2、本部長 3、部長 4、...

mknjs13579さん

2007/11/3000:26:46

会社内での役職の順番教えてください。

1、社長
2、本部長
3、部長
4、係長
5、会長
6、顧問
7、課長
8、マネージャー
9、主任
10、専務
11、常務

この11人での順番お願いします。

閲覧数:
284,275
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ha2ga2o8さん

編集あり2007/11/3001:37:54

株式会社を念頭に置いて答えます。

①会長→②社長→③専務→④常務→⑤本部長→⑥部長→⑦課長→⑧係長→⑨主任、の順です。



取締役会の会長のことを、単に「会長」と呼んでいます。
【注】
誤解している人がいるのですが、
株式会社における会長とは、「社長を引退した人」という意味ではありません。
勿論、会社によっては、単なる名誉職のような位置付けのところもありますが、
本来は、「取締役会」という会社の最高意思決定機関の最高責任者なのです。

社長といえども、「取締役会」の一員ですから、「取締役会の会長」よりは下に位置します。

但し、“会社の顔”と言えば「社長」だという一般的な認識があるのは、
会社の業務自体を統括し、実働部隊である社員を纏め、というように、
対外的にも対内的にも、会社を代表する人が社長であるためです。
会社の最高議決機関である「株主総会」の議長を、普通は社長が務めるのも、このためです。

①~④
取締役は、一般的には「役員」とか「重役」とも呼ばれ、
平の取締役(いわゆる「平取(ひらとり)」)→常務取締役→専務取締役(→取締役副社長)→取締役社長→取締役会長
という順になります。
即ち、常務・専務・社長・会長というのは、取締役の中での序列を表すものです。

会社の規模や担当業務によっては、⑤以下の人も取締役になる場合があります。
(“経営者”である取締役と“(実働部隊である)社員”との兼務、ということです。)
「専務取締役・営業本部長」「常務取締役・経理部長」「取締役・社長室長」のような肩書があるのは、このためです。

尚、取締役のうち、対外的に会社を代表して契約を締結する等の権限を有する者は、「“代表”取締役」と呼ばれます。
会長・社長・副社長クラスまでは、代表権を持っている場合が多いです。
「代表取締役会長」「代表取締役社長」という呼び方をします。
【ご参考Ⅰ】
某大手メーカーでは、
「代表取締役会長」が、関連会社など対外的な総纏めを行い、
「代表取締役社長」が、社内全般を取り仕切る、
というように、役割分担しています。
【ご参考Ⅱ】
財務省が年2回発行している、株式会社の『有価証券報告書総覧』を見れば、
役員名簿は、「①~④→平取→監査役」の順に並んでいます。


さて、質問者が挙げられた中で、2つ外したのには理由があります。

先ず、「顧問」ですが、
(1)取締役の経験者が、退職後も会社に対してアドバイスする等の役割を担う。
(2)自社の業務に関する専門知識や情報が豊富な人などを招請して、助言をしてもらう。
等々、会社によって、様々な必要性から、「顧問」を置いています。
ですから、顧問というのは、上述した序列の中に入らず、別格と考えるべきです。

(1)の場合、会長や社長の経験者が顧問となった場合、
その人の性格や存在感によっては、現役の会長や社長がロクに物も言えず、
会社経営にとって有害となる危険性もあります。

(2)の場合、多くの会社では、弁護士や公認会計士・税理士などは、
会社の訴訟関連、決算書関連について、常時適切なアドバイスを受けるため、
別個に契約を結んで、“顧問弁護士”“顧問税理士”として勤めてもらうのが普通です。


次に、「マネージャー」ですが、
これは、会社によって位置付けが違いますので、一概には言えません。
中小の会社なら、取締役クラスの人もマネージャーと呼んでいます。
また、名刺の裏側が英文になっている場合、
⑨の主任を「Assistant Manager」と英訳している会社もあり、最も末端のマネージャーと言えます。
「Manager」とは「管理者」という意味ですから、多少なりとも管理的な業務に携わっている社員なら、
マネージャーと呼んでもおかしくない訳です。


以上で、お分かりになりましたでしょうか?

質問した人からのコメント

2007/11/30 02:07:21

成功 くわしく教えていただきありがとうございました。

「本部長」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

usersvoiceさん

2007/11/3000:53:17

会長や、顧問は名誉職です。代表権も役員資格もありません。兼任を除けば。そして元社長がなったりします。
法律で規定されているのは、代表権のある社長と役員だけなので、それ以外の取締役などは適当です。事業部制もあります。
上記例で 一例を挙げると

会長
顧問
社長
常務
専務
本部長
部長
課長 マネージャー
係長 主任

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。