ここから本文です

フェイキックIOL(眼内レンズ)後の後遺症と対策について私は幼い頃より強度の...

アバター

ID非公開さん

2014/10/1901:43:46

フェイキックIOL(眼内レンズ)後の後遺症と対策について私は幼い頃より強度の近視・乱視でハードコンタクトレンズを18年近く利用しておりましたが、その煩わしさやコンタクトが無いと生きていけない不安から、

1年3カ月程前に都内の近視クリニックにてフェイキックIOLの手術を受けました。
※レーシックは2院まわりましたが強度近視のため検査不合格でした。

手術は無事終わり、見え方としては右1.5、左1.2で乱視がやや残っていると感じる状態です。
術後は光がぼやけて見える、光の輪っかが見える、目が疲れやすくなったなどの不具合を感じたのですが、自然と目がなれてくるだろうと気にしていませんでした。
しかし2か月を過ぎたころには極度に目が疲れ(瞼の上が重い)、極度の重い頭痛に悩まされるようになりました。
そして3か月目には、思考が回らない(頭が働かない)までになり仕事もままならない状態にまで症状が悪化してしまったのです。
その頃ちょうど転職したてということと、新しい職場が毎日朝から終電まで続いたこともあり環境変化によるうつ病じゃないかと心療内科にいきました。
結果は、経過を見ましょうと緊張を和らげる薬を頂いたのですが、一向に良くならず3か月目には意識朦朧としながら会社に通っていました。

その後なんとかこの状況を改善しなければと、大きな病院でMRIやCTを使った検査をしてみたり、針治療に行ってみたりと試しましたが、原因が見つからず、消去法で考えても眼内レンズしか理由が見当たらない状況です。

周囲からは眼内レンズは取り除くことができるんだからとってしまったらと言われましたが、
当時検査のために1か月近くなれない眼鏡で過ごし、70万程を支払ったこともあり、できれば取りたくないし、仮にとってしまうと両目共に視力が安定するまで眼鏡もコンタクトも作れないため仕事もままならない状態が1か月くらい続くのではと危惧しています。

もちろん手術を受けたクリニックには同様の症例が無いか、そして今の症状を説明しても目が疲れてるとそうなるから様子を見ましょうとはぐらかされてるのではと思うような対応しかしてもらえません。

他にも同じようなケースで苦しんでおられる方のご意見を調べてみるも、レーシックとは異なり症例が少ないためかそれらしい情報も見つけられず、どうしてよいのかわからないまま1年以上過ごしています。

前置きが長くなりましたが今後、どのようなアプローチでこの症状に対応していけばよいか助言をお願いいたします。

以下、参考までに私の症状を記載します。
・頭痛(左右・後頭部)
特にテレビやパソコンを見ていると発生し、パソコン用メガネで若干緩和
・瞼が重い・目がジンジンする
眼球を温める・冷やす・揉むなどするとその瞬間だけ緩和される
・光が何重にも見える(特に疲れがある、頭痛があるとき)
目薬や睡眠で緩和
・のどの違和感(うつの症状の一つでもあるそうです)
のどが痒かったり、イガイガしたり、これは喫煙者だからでしょうか。

どうぞよろしくお願いします。

閲覧数:
6,996
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ketchupfieldさん

2014/10/1907:43:41

たぶん、事前検査とそのデータに基づくレンズ決めが適当だったのでしょう。これはレンズを変更するしかありません。近視クリニックという事は品川あたりでしょうか。フェイキックIOLはそれなりに専門性の高い高度な手術なので、そういう所で受けるような手術ではありませんよ。

都内在住であれば、北里大学眼科にセカンドオピニオンを求めに行くのがよいかと思います。ここが日本のフェイキックIOLの大本です。ただし、最終的には今つけているレンズは外すしか選択の余地はないかと思います。またお金をだして新たなレンズをつけるか、もうフェイキックIOLはあきらめるかの相談はちゃんとした眼科でしましょう。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2014/10/1911:17:56

症状から推測すると、原因としては、
①過矯正で遠視になっている。
②房水の流れが変わってしまったため、眼圧が上昇している(緑内障になりかかっている。)。
などが思いつきますが、
こういった原因なら術後の検査データに表れているはずです。
術後の球面柱面度数や眼圧は把握していますか?
術後の検査データが正常だというのなら、ちょっと原因は不明です。

フェイキックのレンズを取り出す再手術は、レンズを挿入する初回の手術よりも大掛かりで大変なので眼の負担も大きいです。また、初回の手術で角膜内皮細胞数が減少したところに、再手術するとさらに角膜内皮細胞数が減少します。角膜内皮細胞数が減少し過ぎると将来白内障などにかかった場合に外科手術ができなくなります(なので、俗に眼の手術は2回までといわれたりします。)。

まずは、原因を突き止めることが重要です。
原因①なら、レンズを取り出さなくても、レーシックで微調整できる可能性はあります。
原因②なら、緑内障になる前に、早急にラタノプロストなどの眼圧降下剤で眼圧をコントロールした方がいいかもしれません。

以上は素人の意見です。ご参考まで。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。