ここから本文です

オフ車のエンジンについて。

spa********さん

2007/12/323:24:35

オフ車のエンジンについて。

最近、セカンドバイクと技術向上のためにオフ車の購入を検討していて、
多くのオフ車のスペックをみて気づいたのですが、
なぜオフ車にはSOHC式のエンジンが多いのでしょうか?

また、身長158cmの短足クソチビにも扱えるオフ車といえば何があるでしょうか?

閲覧数:
707
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

esc********さん

編集あり2007/12/416:05:25

中低速での扱いやすさ、部品点数の少なさゆえの軽さ、燃費のよさ・・・等オフロード車にマッチするエンジンであるため採用されることが多い。

・・ではありますが高速も視野にいれたツーリングマシンやレース志向のオフロードバイクはDOHCを採用しています。

どのオフロードバイクでも(っても全部ではないけど)車高は調整(最初からそういう設計のバイクもあるしアフターパーツが必要なバイクもある)できますよ。
もうそうれしか乗れないと考えるより選択肢も広がるでしょ。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

man********さん

2007/12/410:05:45

SOHCの方が構造がシンプルで小さく軽量になることと、コストが安いと言うのが大きな理由と思います。
カムシャフトが2本あればそれだけでも重いですが、それを収めるシリンダーヘッドも大きくならざるを得ません。
高回転高出力を狙わないなら2バルブで十分という考え方もでき、そうなるとプラグをセンターに置ける(センタートーチ)DOHCのメリットも少なくなります。
またSOHCなら必然的にロッカーアーム式(またはスイングアーム式)になりますが、この方式はタペットクリアランスの調整が楽というのもメリットでしょう。

私はスーパーシェルパに乗っていますが、169cmで両足べったりです。
159cmのカミさんでも両足が着くようです。
セローも同程度だと思いますよ。
ヤマハにはトリッカーもありますね。

オフ車はシート幅が狭い上に1G(ライダーが乗車した状態)での沈み込みが比較的大きいので、カタログのシート高の割には足つきは良いと思います。

因みに、シェルパ(DOHC4バルブ)はタペットクリアランスを調整するためにはカムシャフトまで外す必用があります。

reg********さん

2007/12/409:21:10

他の方の回答にプラスして・・・
SOHCはDOHCと比べると、低回転でトルクが出せるようになってます。
オフ車はその名のとおり、オフロードを走る前提になってますので、
低回転でトルクの出るSOHCの方がオフ車の用途に合っているのです。

nin********さん

2007/12/400:00:44

SOHCを採用する理由は、エンジンの軽量化と低重心化のためですね。

カムシャフトが2本より1本のほうが軽くできますからね。

あと車種によってはコストダウンのためです。

お勧めは、ヤマハセローとカワサキスーパーシェルパが比較的シート高が低く扱いやすいですよ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる