ここから本文です

天珠の本物偽物の境界線ってなんですか?

bel********さん

2014/10/2323:51:19

天珠の本物偽物の境界線ってなんですか?

私の天珠はとあるお寺さんに、四柱推命で私の運勢を占ってもらい、その結果を参考に、私だけの天珠ブレスレットを作っていただき、さらに天珠に祈祷していただいています 。

で、それをきっかけに私もすっかり天珠にはまり、自分で作ってみたくなり、天珠ブレスレットをつくりました。

ネットで天珠を購入しました。それはガラス製でもないし、模様も爪で引っかいても取れません。

ですが、私の友人は偽物!と言います。友人が言うに、祈祷されていないのはすべて偽物と言います。

昔の天珠は瑪瑙で出来ている。今の天珠も同じ瑪瑙。チベットにある天珠も中国で作られる天珠も瑪瑙。ガラス製ではなく、瑪瑙で、模様が爪で引っかいても剥がれない。ちゃんとれば本物かと思うのですが、、、。 皆さんの境界線はなんですか?

また祈祷など皆さんされていますか?

この質問には関係ないですが、ネットで調べる天珠の意味や名前、模様ににばらつきかあるので、どれが正しい意味なのかわかりません。

天珠の名前で言うと、、、

→双虎牙天珠 なのか 四線虎牙天珠なのか

模様で言うと、、、

→如意天珠と金銭鉤天珠。模様がサイトによって違う。

閲覧数:
4,980
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ste********さん

2014/10/2408:46:49

天珠に決まりはないですねー。
天珠という名前すら、近年の後付ですし。歴史もよくわかってません。
名前や意味の説明がバラバラでも不思議でもなんでもありません。

私が天珠に興味を持ってからの10年くらいの間に新しい模様やタイプがどんどん増えてきています。
十年くらい前は観音天珠などの「絵天珠」は全く見かけなかったし、火供天珠とか老鉱天珠なんてのも見かけませんでした。
台湾の研究者が出している天珠の本にも全く載っていません。
それが今では当たり前に売られているし、さも歴史あるもののように説明されています。

そんなものですよ。

でも見方を変えれば、天珠というものは、そうやって新しいものをとりこみ姿を変えつつもずっと残り続けている。
そういうパワーがあるともいえるわけです。

だから、本物・偽物というなら、瑪瑙製だから(古いものにも瑪瑙以外のものがあります)、模様がとれないから(古いものでも模様がとれてしまったものはあります)、ガラスせいじゃないから)古くてもガラス製のものがあります)という、基準ではなく、「この」天珠、あなたが手に取ったその天珠にあなた自身が心惹かれるか、「これはいい」「持ちたい」と思えるかどうかで選んではどうでしょう。

私個人でいうなら、天珠の歴史に興味があって古い骨董的天珠が好きだけど、高くてとても買えないので、古い雰囲気を持ったつくりの丁寧な天珠を選びます。
模様については、眼天珠なら9眼か12眼まで。観音天珠など絵天珠には惹かれません。

2000前からチベットに伝わる……という説明が本当なら、チベット仏教よりも古いことになるし、たぶんルーツは仏教ではないと思っているので、仏教の祈祷にも興味がありません。
だから祈祷や開眼供養はしません。

質問した人からのコメント

2014/10/30 22:07:45

ありがとうございました!

自分が石に対して信じる気持ちで、自分にとっていい物になるんですね!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる