ここから本文です

投資信託において10年間平均利回り8%は難しいものなのですか??

eureka_7_woさん

2014/10/2422:32:49

投資信託において10年間平均利回り8%は難しいものなのですか??

閲覧数:
3,276
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

chinganrinmuさん

2014/10/2423:39:40

そんな素晴らしい投資先があったら、多くの人が銀行から目いっぱい融資を受けて、それに投資するでしょう。
むしろ銀行は企業になど貸し出さず、国際も買わず、それに投資するでしょうよ。
年8%の成長が望めるなら、投資家だって、企業だって、国だって、大成長間違いなしです。
でも、そんな優良な投資先があるなら、こちらからぜひ教えて頂きたいものですよ。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

ippikibottiさん

2014/10/2507:54:35

不可能ではありませんが、事前にどの投信があたるかあてるかは難しい。ただ、あくまで過去の記録で、将来どうなるか分からない前提で、お話します。

アメリカのTOPIXにあたる指標S&P500(配当込み)は、円ベースでみると過去10年年率平均8.1%のリターンがあるので、もし、S&P500のETF(上場投資信託)かインデックスファンドに投資していれば、信託報酬をひいても年率8%近いリターンは確保できました。また、日本を除く先進国株式全体w対象にした指標MSCIコクサイも過去10年年率平均8.1%です。ただ、残念ながら、10年前にこれらに対応したETF、低コストのインデックスファンドは存在しなかったと思います。現在ならば10本以上あると思います。

これはアメリカを中心に先進国の経済成長が続いているからで、日本のような低成長の経済国では無理ですね。一方、アクティブファンドの場合は、コストが高いし、常にインデックスを上回るのは非常に困難でしょう。

日本のファンドでも10年ぐらいだったら年率10%のリターンをたたき出したファンドがいくつかあります。日本の場合、インデックスがダメだったのでアクティブファンドで、JPM・ザ・ジャパン、スパークス・ライジングサンあたりでしょうか。でもJPM・ザ・ジャパンは過去1年はなんとマイナスになっているので、アクティブファンドが常時勝ち続けるのは本当に難しいですね。

もちろん、過去の成績が今後続くとは限らないので、今からこれらのファンドに投資しても、良い成績になるかは保証の限りではありません。株式のリスクプレミアムは6~7%といわれますから、国際分散されたインデックスファンドでそのくらいの成績を狙うのが、個人投資家にとって妥当なことではないでしょうか。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。