ここから本文です

昨日のお昼頃 彼が逮捕されました。 その日の夜に弁護士の方から連絡があり、彼...

may********さん

2014/11/515:26:03

昨日のお昼頃
彼が逮捕されました。
その日の夜に弁護士の方から連絡があり、彼からの伝言や手紙が欲しいと言ってる事、彼の様子などを伺いました。しかし接見禁止のようで直接手紙のやり取り

は無理だと。弁護士の接見時に手紙を読み伝えて貰えるようで、それならと頼みましたが、個人で調べてたら疑問が出たので質問させて下さい。

話の内容から、彼が頼めばこのまま弁護人としてつく事になると言ってましたが、現段階では当番弁護士ということでしょうか?たぶん国選の方だと思います。
また、本日の夜か明日のお昼にまた接見に行くと伺いましたが
まだ起訴もされていない、彼が弁護を頼んでいない状態で、こんなに何回も会いに行けるものなのですか?調べたら3年以上の懲役がつく事件なら起訴前から弁護士がつくとの事でしたが
これってもう受刑の率が高いという事でしょうか?
また、弁護士を通しての伝言は彼の身内以外で何人かとやり取り出来ますか?もし、出来ないのであれば他の方の伝言を私が仲介して伝えようと思いますが。
質問だらけで申し訳ないですが弁護士の方が出てるみたいで直接お話出来なかったので不安で仕方ないです。
入籍する予定の矢先、子供も居ますし
警察の方で話した時に
彼が逮捕されても戸籍は別だから子供に影響ないですね、と確認のように言われた事も不安です。
面会も出来ないし、それを逆手に取られたらどうしようなんて無駄に考えてしまいます。

私は内縁になりますから詳しく聞けませんでしたが
傷害か殺人未遂に当たるんじゃないかと思います。もし、手を出していれば。
しかし、相手がこちらを侮辱、名誉毀損に当たる行動をした事がキッカケでこうなったのにと悔しい思いもあります。ただ裁判費用がなかっただけで、出来るなら訴えてやりたい。
人にやっておいて自分は被害者面かと憤りも感じてしまいますし、擁護にはなりますが彼が100%悪いとは思っていません。子持ちの方なら誰だって怒って当然の事をされましたから。
多少、愚痴にもなってしまいましたが私に出来るのは伝言や手紙を書く、待つぐらいしかないので
分かる範囲で構いませんので回答頂けたら幸いです。

補足何故だか個人でのお礼が反映されないので、まとめてのお礼になってしまいますが皆様有り難うございます。
さきほど弁護士から折り返し連絡を頂き、納得する回答を得られました。
読んだ時に少し安心感が出たのと、もしかしたら面会可能なのかもと希望も持てましたのでBAはその方に差し上げます。ですが回答下さった皆様、有り難うございました。

閲覧数:
2,204
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

law********さん

2014/11/517:51:39

逮捕当日に弁護士から電話がかかってきた、ということなので、その時点では、当番弁護士として出動したのだと思います。

当番弁護士というのは、逮捕後、被疑者からの請求があった場合、1度だけ無料で接見する制度です。

これに対して、国選弁護人は、長期3年を超える懲役刑を定める犯罪を犯した場合、「勾留」段階から請求されるものです。

昨日逮捕ということなので、勾留されるとすれば今日か明日ですが、勾留されてから選任されるのが国選弁護人です。
通常は、当番弁護で出動した弁護士がそのまま国選弁護人につくことが大多数ですが、当番弁護の際に弁護人と被疑者との相性が合わない、などの場合には、当番弁護とは別の弁護士が国選弁護人に選任されることもあります。なお、「長期3年」を超えない犯罪の場合、国選弁護人は選任されず、自分で費用を出して私選弁護人を選任する必要があります。

国選弁護の対象事件(長期3年を超える犯罪)かどうかわかりませんが、「彼が頼めばこのまま弁護人としてつく事になる」というのは、以上のような話をしているのだと思います。

国選の対象事件は「長期3年を超える犯罪」ですが、大多数の事件がこれに当たります。ですので、国選の対象事件に該当するからといって、受刑の確立が高い、ということには全くなりません。

それから、当番弁護は、制度上1回だけ無料というだけで、2回以上接見にいくことは弁護士の自由です。2回目だからといって費用を請求することは、ほとんどの弁護士の場合、ありません。無償で接見に行っており、また接見当日家族に電話をしていることからしても、比較的熱心な弁護士だと思います。

勾留される前の段階(今日か明日に勾留です)は、一般に家族の面会はできませんが、勾留された後は、接見禁止決定が付かない限りは、接見ができます。昨日の電話の時点で接見禁止といわれたのは、勾留前の段階の話です。

もし、勾留後接見禁止決定が付いた場合、被疑事実と無関係の家族に関して接見ができるように裁判所に申し立てるという方法(接見禁止一部解除)もありますが、それができない限りは、基本的に弁護人を通じてやり取りすることになります。

ほかの家族からの伝言についても、その弁護士に伝えれば、証拠隠滅や口裏合わせに結びつく場合でない限り、弁護士から被疑者に伝えてもらえると思います。

彼が犯行に至るまでのいきさつについて、こちらにも言い分がある、ということであれば、とりあえずはその弁護士に伝えてください。裁判にするかどうかを決めるのは検察官ですが、弁護士に伝えれば、必要な範囲内で検察官にも伝えてくれるはずです。

比較的熱心な弁護士だと思いますので、お任せされればいいと思います。

質問した人からのコメント

2014/11/5 23:03:05

個人で調べれば調べるほど???な状態でしたので詳しく、また分かり易く教えて頂いて本当に有り難かったです。
弁護士に関しても色んな方が居るようで、正直この人で大丈夫なのかと不安がありましたが
一時間近くも相談や伺った事に対して回答してくれる姿勢、今後の事など丁寧に教えて貰え、貴方様の言う通り熱心な方かも知れないと思えました。
まだ先は長いですが、なんとかやっていきます。
有り難うございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

awp********さん

2014/11/516:56:49

刑事事件についての知恵袋の回答は、ほぼすべて、知ったかぶりのでたらめです。
弁護士とコンタクトを取れる立場なら、弁護士に聞いてください。

pin********さん

2014/11/516:50:02

弁護士は被疑者が希望したら逮捕後つくことが出来ます。
当番弁護士は最初の1回は無料で呼べます。
2回目以降は有料です。
また行くということは彼(彼の家族)が弁護士に依頼をしたのでしょう。
起訴前でも弁護士は接見できます。

弁護士を通しての伝言・・・

弁護士が応じてくれたら出来るでしょう。
ただ、接見時間に限りがあるので、制限するでしょう。
もっと大事な話が弁護士と彼であるはずです。

事件の内容も当然ありますが、弁護士のやり方で釈放、不起訴。起訴されても執行猶予を付けるなどいろいろ方策があります。

ひとまず、その弁護士の動きをみましょう。
頼りなさそうなら、別の弁護士を頼んでも良いのです。

sak********さん

2014/11/516:24:08

犯罪者は法の裁きを受ければ良いのです。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる