ここから本文です

宿泊を伴う研修の勘定科目を教えてください。 飛行機を利用した2泊での出張の勘...

mik********さん

2014/11/911:09:12

宿泊を伴う研修の勘定科目を教えてください。

飛行機を利用した2泊での出張の勘定科目を教えてください。

訳あって、航空券・新幹線・その他交通費・ホテル(夕食別朝食付)は別に取っており、領収も別々です。
その他交通費にあたるタクシー代バス代や、研修後の飲み代、夕食代も経費として処理したい場合、勘定科目はどうしたら良いでしょうか?

閲覧数:
17,849
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

o_m********さん

2014/11/911:12:27

飲食は会議費や研修費
他はすべて旅費交通費でよろしいかと!

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

aba********さん

2014/11/920:53:47

借 旅費交通費 貸 現金
はわかるやろ。研修後の飲み代、夕食代を損金計上いうのは無しとちゃうか。会議費にこじつけることもできるやろが、これ1回やのうてこれからもある話なんやろ。冗費の損金計上はあかんで。もし帳簿に載せるんやったら、交際費で損金不算入いうのが正しいんやろが、根本的に、会社の経費として支出すべきもんとちゃうやろ。公費で呑み・喰いしとる役人と一緒やで。

tak********さん

2014/11/913:07:10

もう適用が終わってしまった措置法なので、直接関係しませんがこの規定が参考になるのではないでしょうか?

(国税庁)
No.5438 中小企業者等における教育訓練費の税額控除
https://www.nta.go.jp/taxanswer/hojin/5438.htm

この中で教育訓練費の範囲の具体例として
==================================
(1) 法人がその使用人に対して教育、訓練、研修、講習など(以下「教育訓練等」といいます。)を自ら行うために講師又は指導者(その法人の役員又は使用人を除きます。)に対して支払う報酬、料金、謝金及びその教育訓練等のために施設、設備などを賃借する場合におけるその使用料など
(2) 法人から委託を受けた他の者が教育訓練等を行う場合に、その委託を受けた他の者に対して支払う費用
(3) 法人がその使用人を他の者が行う教育訓練等に参加させる場合に支払う授業料、受講料、受験手数料など
(4) 法人が教育訓練等の用に供する教科書、教材などの購入又は製作に要する費用(製作とは、他の者に委託して製作をした場合に限ります。)
==================================
があげられています。

交通費や研修後の懇親会は教育訓練費の範囲外なので、教育訓練費にはできないですね。

なので、交通費・ホテルについては【旅費交通費】
研修後の飲み会・夕食代については【接待交際費】
として処理するのが妥当だと思います。

飲食が会議費にあたるという意見もありますが、国税は原則としてビールコップ一杯程度以上のお酒の入る飲食は会議ではないと判断する様です。ご参考までに。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる