ここから本文です

『責任転嫁』という字に『嫁』という字があるのは何故ですか?

lie********さん

2007/12/1017:54:07

『責任転嫁』という字に『嫁』という字があるのは何故ですか?

最近ニュースで取締役が関与していた事を現場の社員等がした事にする『責任転嫁』・・・という字を新聞等でよく見ます。
あらためて考えると不思議なのですが、何故『嫁』という字を使っているのでしょうか?

閲覧数:
12,186
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fon********さん

編集あり2007/12/1019:05:33

aus_akiさん
他人の回答↓のコピーはやめてください。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1311628378
回答日時: 2007/5/18 12:01:28 編集日時: 2007/5/18 12:24:51

「嫁」を「よめ」と読んで、“新婦”、“息子の妻”、“主婦”の意味に使うのは、日本独特の「国訓」です。
「嫁」という漢字にそのような意味はありません。

「嫁」は動詞で、“とつがせる”、転じて“よそへやる”という意味の字です。
(“とつぐ”の意に使うことはあり得ます。要するに動詞なのです。)
「嫁娶(かしゅ)」は“ヨメ入りさせることとヨメを迎えること”です。
責任を自分の所から他人の所へやるので、譬喩的に「転嫁」と言うのです。

http://tw.dictionary.yahoo.com/search?ei=UTF-8&p=%E5%AB%81
1.(of a female) to marry
2.to impute
とありますね。
英和辞典で「impute」を引いてみてください。

ちなみに“息子の妻”は漢字で「媳」と書き、福沢諭吉の文章などを見ると、正しく使っています。
戦後の出版物で漢字を新字体にするのはしかたがないとして、「媳」を「嫁」に改めているのは許し難いことです。
http://tw.dictionary.yahoo.com/search?ei=UTF-8&p=%E5%AA%B3
1.a daughter-in-law
とありますね。

質問した人からのコメント

2007/12/11 19:24:27

感謝 『嫁』の使い方が日本独特なんですね。参考になると同時に少し驚きました。
お二方とも回答いただきまして、ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

yaj********さん

編集あり2007/12/1021:17:30

封権的な男尊女卑また問答無用で年長者を敬う儒教思想に支配された昔の日本社会では、それぞれの家庭(家族)において新参者である「嫁」という立場はもっとも身分の低い存在だったのです。
なので、その家で何か問題が起こればすべて嫁のせいにされる。
嫁姑問題などはどこの国でも古来よりあったようですが、企業で上役が部下に責任を転ずることは正にこれに当たります。
それでこの言葉が習慣的に使われるようになったのでしょう。
トカゲの尻尾切りみたいなものですね。

責任転嫁…責任を嫁に転ずる
この言葉は漢語(漢文)もしくはそれが由来の言葉かも知れませんね。
(特に詳しく調べてはいませんが、諺や格言、四字熟語、単語など日本語には大陸由来のものが多数あります)

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる