ここから本文です

初めまして。現在、訪問マッサージでの開業を考えています。

english_study_2012_7_7さん

2014/11/1716:21:55

初めまして。現在、訪問マッサージでの開業を考えています。

私は先生みたいに国家資格も経験もない未経験ですが、人生での経験で思うところがあり介護業界で何か貢献できないかという気持ちが強くなり、そちらの業界で会社を作ろうと考えています。在宅で全く家から出れない状態の寝たっきりの方々に鍼灸治療、マッサージで癒やしと健康を提供できる「訪問マッサージ」の存在を知り、是非やってみたいという気持ちが強くなりました。資格をとることも考えましたが、私は私なりに治療以外でやれることが多くあるのではと思い、有資格の先生をパートナーに一緒に社会貢献できればと考えています。

ただ在宅ということで、どのくらいの事業者様がおられるのか実情を把握しかねる部分があります。いきなりの質問で失礼では有りますが、現在の訪問鍼灸・マッサージ業界の実情をご教授いただけないでしょうか? 私見ではありますが、寝たっきりのご高齢者は多くいると思いますし、マッサージ・リハビリ共に足りていない印象があります。国自体も入院などではなく、在宅の方向へ転換してきたいという気持ちがあるみたいなので、これからどんどん必要になっていくと考えております。

どうかアドバイス頂けたらと光栄です。

この質問は、hayamas35さんに回答をリクエストしました。

閲覧数:
1,423
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hayamas35さん

リクエストマッチ

2014/11/2017:04:59

保険についてですが、皆さん、柔整と混同されているように思います。マッサージにおける保険取り扱いは医師の同意書が必要であり、柔整のように多額の不正はしにくくなっています。もちろん、不正が発覚しているケースがありますが、それは個々の資質の問題であり、保険によるマッサージのせいではありません。不正があるから、あん摩マッサージ指圧師が悪いかのごとく、あるいは訪問マッサージをしているマッサージ師が悪質かのごとくかかれるのは、残念でありません。
さて、経営として訪問マッサージを行うのは問題ありません。開設届で、担当するあん摩マッサージ指圧師の名称、免許証の控えなどを届ければ大丈夫です。
しかし、現実的には、医師の同意書が得られるかどうかが問題となります。施術所を開設したとしても、同意書を書いていただける医師がいなければ、はじまりません。
また、一定の技術水準を維持するのには、あん摩マッサージ指圧師であればいいというのではなく、やはり、その人の腕や人柄を見極める必要があります。
従って、経営者としての能力、医師との連携を図れるかどうかなど、総合的なものが問われると思います。
なお、訪問マッサージは、あん摩マッサージ指圧師でなければできません。鍼師灸師、柔道整復師の資格ではできません。
また、鍼灸についてですが、マッサージと違い、医師の同一疾患での治療との併用ができません。そのため、トラブルも多くあります。例えば医師が同意書を書いた後、その医師が同じ病症名で投薬すれば、鍼灸の保険扱いは無効になります。その場合、せっかく保険扱いして申請しても、すべて無効となり却下となります。私の友人は鍼灸の免許を持っていますが、そのようなトラブルを避けるため、あえて鍼灸に限って、実費だけにしています。

  • 質問者

    english_study_2012_7_7さん

    2014/11/2021:05:17

    ご回答ありがとうございます。

    訪問鍼灸の方が保険請求がややこしくなりやすいことを知りませんでした。やはり指圧ができないと厳しいのですね・・・。

    訪問鍼灸だけでやっていくのは現実的に難しいでしょうか?
    いろいろな方のアドバイスもあり自分で資格をとり行うことも視野に入れるようになったのですが、住んでいる北海道ではあん摩マッサージ指圧の学校がありません。柔道整復師+鍼灸の資格をダブルでとろうか検討しています。そうすれば訪問鍼灸+リハビリ特化型デイなどを将来開ける可能性が出てくるからです。

  • その他の返信(3件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2014/11/24 03:19:10

ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2014/11/1819:01:47

失礼します。

アタシは出張マッサージを良く利用してます。

アタシのマサージ師は、国家資格を持っています。
(その国家資格は、整骨院なら開業出来る)

やっぱり、国家資格は持ってた方が良いと思います。

アタシが出張マッサージを頼む理由は、マッサージ処で
マッサージしてもらっても、家に帰る途中でもう、こってしまう
からです。

街中のマッサージ店とかは、何処かで整骨院を開業している
人が多いです。
国家資格を持ってない人がいなければ、マッサージ店で
何か有ったら、責任取る人が居ないからです。

PCで検索してみれば、分かると思いますよ。

もし、やるのでしたら朝からが良いですね

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

yymitsubatiさん

2014/11/1721:37:23

hayamas35先生へのリクエストなのに、横から失礼します。申し訳ありません。
私は現在、訪問専門で鍼灸をしています。
訪問鍼灸を開業するに当たり、少しだけ訪問リハビリ・マッサージの業界も聞きかじりましたが、はっきり言って「患者様を喰い物にしている」が強烈な最初の印象です。
先の回答者さんもおっしゃってますが、訪問鍼灸・マッサージはまじめにしている先生もいらっしゃいますが、保険の不正請求に利用されている所も多々有ります。
効率よく儲けるための運営の仕方を教える業者まで存在します。(ご本人は、どのような御つもりでその会社をされているのか判りませんが)
以前に勤めていた鍼灸整骨院の院長も、開業前は訪問鍼灸の会社に所属して患者様のお宅を周っていたらしいですが、やり方を聞いていると本当に汚い。
そりゃ、儲かるだろうよ。と、言いたくなります。
あなたが、どのような感覚で介護業界に参入しようと思われたのか判りませんが、今後は高齢化社会で儲かるから、と言う考えならお辞め頂きたいです。
理由の一つは、いずれ患者様が喰い物にされる可能性が高くなる。
もう一つは、実際に患者さまのところを周る先生が、いずれあなたに喰い物にされる可能性が高くなる。
ハッキリ言って、訪問リハビリの運営は一人で出来ます。
1日に何軒かのお宅を周れば、確実に経営は成り立ちます。
あなたは、資格も無いのに何が出来るんですか?営業と経理ですか?
多少しんどくても、営業回りや経営に関する事ー帳簿付けなどは自分で出来る事ですよ。
パートナーは必要は有りません。
パートナーが居るということは、それだけお給料も必要だという事です。
そのお給料を稼ぎ出すために、いったい何軒のお宅を周らなければいけないんでしょうね。
軒数を稼ぐために、お一人お一人に掛けるべき施術時間を短くして、焦って次へ行って、実際にそれをする先生は大変ですよ。
大した施術もせずに、患者様に心残りで次へ行く。そんなんだからリハビリと言いながら、改善する兆しなし。料金だけはしっかりもらう。軒数をこなす為に時間が急くから気持ちも焦る。もしかしたら事故を起こすかもしれない。そんな事を続けていたら精神的・肉体的に潰れるか、患者様を患者様と思わずにいい加減な施術で喰い物にしているという意識さえ持てないクズになるか、どちらかです。
確かに、マッサージ・リハビリ共に足りていない地域も有ります。国自体も入院などではなく、在宅の方向へ転換してきたいという気持ちが有るでしょう。
だからと言って、簡単な考えで参入はおやめ頂きたいですね。
やりたいなら、まずご自分で資格をお取りになって、ご自分で全てやられたらどうですか?
かなり、キツイ事を書きましたが、hayamas35先生はどのようにお考えなのかは判りません。
もっと良い案をお持ちかもしれません。
横からの怒鳴り込みで大変失礼致しました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

2014/11/1717:42:09

自分で資格を持たずに、有資格者とタッグを組んで
というのに危うさを感じます。
最初は、同じ情熱で会社を盛り立てて行けるでしょうが、
必ず、意見の食い違いが出てきますよ。

また、現在訪問鍼灸、マッサージはほぼ野放し状態ですが、
保険請求の不正請求が多く
(あなたのところがそうと言うのではなく)
今後、規制が厳しくなることが予測されます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。