ここから本文です

ミケランジェロのピエタ サン・ピエトロのピエタの完成度とそれ以降の3つのピ...

muz********さん

2014/11/2609:50:30

ミケランジェロのピエタ

サン・ピエトロのピエタの完成度とそれ以降の3つのピエタの完成度が全然違うんですけど一般的にはどう解釈されてるんでしょうか?

ああいう大理石像って作っている途中で大理石にひびが入っているのが見つかったらショックで1週間は寝込みますね。

閲覧数:
204
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hah********さん

2014/11/2618:29:22

大理石はどんな上質な原石でもクラック(小さなヒビ)があるのが普通です。

ましてやピエタ像クラスになれば当然一つや二つではないでしょう。

致命的な場所に出なければ、あとはデッサンを石に合わせて変更することもあったと思います。

クラックの有無は別にしても最後のロンダニーニのピエタは彫りながら顔の位置をずらして調整していることがわかります。

大理石はどんな上質な原石でもクラック(小さなヒビ)があるのが普通です。...

  • 質問者

    muz********さん

    2014/11/2700:49:41

    >最後のロンダニーニのピエタは彫りながら顔の位置をずらして調整している


    そう思いました。でもすごい矛盾しているんですよ。サン・ピエトロのピエタが途中でデッサンを変更しているとはとても思えない細かさなので20代のころはヒビのない大理石を見分けて作業を進められたが、後半生では見分けられなくなった→これはあり得ないですよね。または供給されなくなった→だとしたら作成しないはずだと思いました。

    不思議で寝られません~

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2014/11/29 00:23:08

一般的な解釈として素晴らしく的確です。ありがとうございます~

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kha********さん

2014/11/2617:52:19

どれも未完成ということで伝わってますね。
サン・ピエトロのピエタやダヴィデは血気盛んでレオナルドをライバル視していた20代の頃の作品、他はそれから半世紀も後に制作された作品。
次から次へと依頼が来て、作品をろくに完成させられないまま次の作品の制作にとりかかるという泥沼状態だったので未完成作品が多く残されることになりました。

yet********さん

2014/11/2610:58:47

現在の状態で完成というのが一般的な見方でしょう。
偉大な未完成とも言います。

ミケランジェロに限らず、作品の完成の度合いというのはなかなか難しいものだと思います。昔から、絵はやめどきが肝心と言います。描き過ぎということもありますから。

>途中で大理石にひびが入っているのが見つかった
などということは少なくともミケランジェロの場合はないでしょう。実際どうだったかはもちろんわかりませんが。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる