ここから本文です

京都大学の2006年の地理の第一問の論述について

her********さん

2014/12/1513:39:33

京都大学の2006年の地理の第一問の論述について

(3)の桑畑→畑という変化とその理由を説明する問題で、解答は「製糸業(絹織物業)の衰退により~」となっていますが、「養蚕業」という言葉を用いても問題ないですか?

(4)以下の解答だと何割ぐらい貰えますか?(路村は苦し紛れに書いたまでで市街地の説明にはつながらないので恐らく点は来ないと思いますが)
また、論述としてマズい点などはありますか?

問、地形図中の市街地の形態とその変化について鍼灸地形図から読み取れることを90字以内で記せ。

「旧中心市街地の西端に線路が通り駅が作られたことで、かつて水田が分布していた北西側に市街地が広がり、島・高山といった集落と一体化した。南西部にも拡大しつつあるが路村の形態が保たれている。」


http://kaisoku.kawai-juku.ac.jp/nyushi/honshi/06/k01.html

閲覧数:
108
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

Marneyozeさん

2014/12/1607:53:04

(3)は「養蚕業」でもかまわないと思いますよ。
出題者の考え方によりますが、私はむしろ「養蚕業」の方が桑畑の消失理由としては直接的な説明だと思います。

(4)何割もらえるか、推測は難しいですね。採点基準がどうなのか・・・
あなたの解答は「どうやってどんな市街地になったか」については触れていますが、もともとの市街地の成り立ちについては触れていません。
「十日町」という地名、や北にも「四日町」という地名があることから、市場町としての機能を備えていたことが推測され、出題者はそれについて触れることを要求していると思われます。
「路村の形態が保たれている」という書き方は、路村についての理解を疑われてしまうかもしれませんが、それで減点というような処理をすることは無いと思います。
他にも細かいこと言うと、「中心市街地」という言い方が適当なのか、「線路」という言い方で意味は通じるだろうが「鉄道」の方が良くはないか・・といったところも考え直してみましょう。
また、あなたが「路村」とした部分は「幹線道路に沿って市街化が進んだ」というような記述にしたらどうですか?

私なら、なんとか5割はあげたいところですが、どうでしょうね。

  • 質問者

    her********さん

    2014/12/1914:13:20

    中心市街地の間違いは用語集を見て確認しました。
    路村は北新田周辺の家屋の形態を見て書いたのですが、不適切ですか?
    確かに幹線道路に関して言及していないのは減点対象になるかもしれませんが

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2014/12/21 12:39:42

ありがとうございました

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

hir********さん

2014/12/1903:28:37

(3)について
桑畑が他の畑作になったこと自体を、養蚕業衰退と表現するのはありだと思いますが、その理由として製糸しかも絹の生産、需要が少なくなったと説明を分けるべきでしょう。第一次産業の養蚕業は第二次製糸業とは別物ですので。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる