ここから本文です

助詞の『を』の使い方がいまいち分かりません。 例えば 「先生と喧嘩した」 ...

dep********さん

2015/1/602:05:42

助詞の『を』の使い方がいまいち分かりません。

例えば

「先生と喧嘩した」
「先生と喧嘩をした」

「床に雑魚寝する」
「床に雑魚寝をする」

このように上記の文章の時、『を』を

入れるのか、入れないのか、が考えれば考える程に訳が分からなくなってきます。

どうかご教示くださいませ。

閲覧数:
157
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mmm********さん

2015/1/604:06:43

先生ではないですが、
正確には「を」を入れることが多いと思います。
口語では「を」を抜いて話すことが多いですよね。
をが入った場合それぞれ喧嘩・雑魚寝は名詞となりするが動詞です。

例えば
「歯磨いた?」
「歯を磨いた?」
で書くとより分かりやすいですよね。
文字になっているとわかりやすいですよね。
磨くに対して何を?=目的語(歯)です。
つまり「を」を入れるのがきちんとした文章だと思いますが。

日常生活では略して「を」を抜かして使うように思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる